華やぐ日々よ …詠山史純の愚考拙文録 アート

機能を追及したフォルムは美しい⑦…ノースアメリカンP-51ムスタング

機能を追及したフォルムは美しい⑦ 

           …ノースアメリカンP-51ムスタング



ノースアメリカンP-51 Mustang(ムスタング)は、第二次大戦に於ける
レシプロ戦闘機(レシプロエンジンでプロペラを回す戦闘機)の最高傑作と
称賛され、全型式を通し、14,820機が生産された名機である。
P-51とはアメリカ陸軍サイドの呼称で、「駿馬」を意味する「ムスタング」は
イギリス空軍サイドの呼称。
アメリカ陸軍航空隊では当初、「アパッチ」と名付けたとのことであるが、
その時点では既にヨーロッパ戦線で「ムスタング」との名称が定着していた
ことから、それに倣ったという。

P-51は歴史的名機であるが、A型、B型、C型へと進化を経て、最終的に
あの子持ちししゃものような、特徴的なD型のフォルムに到達するまで、
少々手間取ったようである。
更に、D型の諸問題を改善した対日戦線用H型は、2000機発注されたが、
日米戦争の終結でキャンセルされ、555機の生産に止まった。
アメリカ空軍最後のP-51は1957年(昭和32年)に退役。


p51mustang FromBoeingCom
P-51D型

子持ちししゃも
子持ちししゃも

bf109 38
メッサーシュミットBf-109

bf109 37
メッサーシュミットBf-109


1939年(昭和14年)、ヨーロッパでは既に第二次世界大戦の戦端が開かれ、
イギリ空軍の航空機不足は深刻な状態で、イギリスはアメリカに対し、航空機
のライセンス生産を委託することにした。
航空機製造の老舗であるカーチス社は、アメリカ陸軍の発注分で手一杯である
との事情から受注を辞退、1928年(昭和3年)設立で、1930代から航空機を
製造していた新進気鋭のノースアメリカン社に発注依頼することとなった。
ノースアメリカン社はその時点で戦闘機開発の実績は無かったものの、1935年
(昭和10年)に開発したNA-16 練習機(AT-6/SNJ テキサン)が傑作機との
高い評価を受けていた。

イギリス空軍は当初、ノースアメリカン社に対し、カーチスP-40のライセンス
生産を打診したのであるが、ジェームス・キンデルバーガー社長の、「旧式化
しつつあるP-40のライセンス生産ではなく、P-40と同じ液冷エンジンである
アリソン・エンジン搭載でも、P-40より高性能な、自社で開発中の新型戦闘機
の生産をと逆提案した。
1号機を 120 日以内に完成させるとの条件で、1940年(昭和15年)4月に
契約が交わされた。


P-51A 1
P-51初期型


アリソン・エンジン


ロールスロイス社製マーリン・エンジン

マーリンエンジン1
ロールスロイス社製マーリン・エンジン


ノースアメリカン社での社内呼称 NA-73 と呼ばれた、この新型機の開発は、
ドイツ空軍の主力戦闘機メッサーシュミットBf109の設計に参加していた
ドイツ系ユダヤ人のエンジニア、エドガー・シュミートの主導で行なわれた。
NA-731号機の工場からのロールアウトは1940年(昭和15年)9月9日で、
契約の120日以内どころか、102日という短期間で、ノースアメリカン社は
1号機を完成させた。
戦時増産に追われるアリソン・エンジンの調達の遅れから、初飛行は1940年
(昭和15年)1月26日に延期され、そのテスト飛行に於いて、ベル P-39
エアラコブラ、カーチスP-40ウォーホーク を凌ぐ高性能を発揮したという。
イギリス空軍はこのNA-73の制式採用を決定し、「ムスタングⅠ型」と命名、
初期発注320 機に加え、300 機を追加し、計620機を発注した。
当時、アメリカでは、外国向けに新型機を開発した場合はアメリカ軍に2機
譲渡する事が法制化されていたことから、2機のNA-73がアメリカ陸軍に
無償提供されたが、当初は全く注目されなかったようである。


P51A型
P-51A型

P51B型
P-51B型

P51C型
P-51C型


イギリス空軍に配備された初期型のムスタングⅠは高度3000m程度であれば、
ドイツ戦闘機と互角に渡り合えたものの、搭載されていたアリソン・エンジンが
非力であったことから、高度4000mを超えると極端に性能が劣化したとのことで、
当初は低高度用の戦闘爆撃機として運用された平凡な機体であった。

しかし、イギリス空軍のテストパイロットがロールスロイス社のマーリン・
エンジンに換装することをイギリス空軍省に上申したことから、テスト飛行
したところ、劇的に性能が向上し、最高速度は695km/hを記録したという。
そこで、イギリスは自動車メーカーのパッカード社に、マーリン・エンジンの
ライセンス生産を依頼した。

因みに、ゼロ戦21型の最高速度は533.4km/h(高度4,550m)ゼロ戦52型の
最高速度は564.9km/h(高度6,000m)であった。
日本の戦闘機が最高速度を出しても、巡航速度で飛行するP-51にさえ
追い着けなかったという。

アメリカ陸軍はヨーロッパ戦線でのムスタングの活躍で初めて、NA-73に
注目し、テスト飛行の結果、当初は空戦には不向きと判断し、偵察機仕様の
F-6A(後にP-51 に改称)を57機採用、1942 年(昭和17年)4月には、
爆撃機仕様のP-51を対地攻撃機 A-36Aとして少数機を採用、8月に至って、
遂に戦闘機仕様のP-51A型を発注するに至った。
全型式を通して、最終的に14,820機が生産された。


ムスタングD4
P-51D型

ムスタングD11
P-51D型

ムスタングD2
P-51D型

ムスタングD10
P-51D型

ムスタングD1
P-51D型


P-51は、C型までと、D型以降では、その外観が大きく異なる。
C型までは、空気力学的に優れた機体形状であるマルコムフードと呼ばれる
ファストバック式のキャノピー(風防)が採用されていたが、後方の視界不良
という空戦での弱点があったことから、機体後部上面を削り落とし、空気抵抗
は増大したものの、視界の良い枠無しの水滴型キャノピーに改良した。
因みに、このキャノピーはノースアメリカン社製ジェット戦闘機F86セイバー
にも採用されている。
また、P-51の特徴である機体下部のラジエターの出っ張りは、P-51A型以降、
大きくなり、機首の形状はP-51B型以降、気化器インテイクが機首上面から
プロペラスピナー直下に移され、機首下面に装備されていた同調機銃も省略
された。
改良が重ねられ、優秀機となったP-51D型は、7,837 機が量産された。

P-51D型の武装は、主翼に12.7mm機銃×6丁
(内側2丁各400発、外側4丁各270発)
P-51D型は、増槽使用時で3700km以上に達する航続能力を持っていた。
(ゼロ戦21型は増槽使用、巡航速度で3,350km)
日米戦争末期、P-51はその長大な航続能力を生かし、陥落した硫黄島の飛行場
から発進し、サイパン島やテニアン島、グアム島から出撃する戦略爆撃機B-29
スーパーフォートレス編隊の護衛に随伴し、高高度での日本機の迎撃を寄せ付けず、
行き掛けの駄賃にと、日本本土を我が物顔で無差別に機銃掃射して帰って行った。


ムスタングD7

米軍の航空基地1

硫黄島上空1
硫黄島上空のP-51D編隊

硫黄島航空基地1
硫黄島航空基地のP-51D戦闘機部隊


P-51D型の弱点として挙げられるのは、軽量化が不充分であったという点で、
イギリスの主力戦闘機、スーパーマリン・スピットファイアよりも1t重かった。
また、胴体燃料タンクに燃料を充填している状態では機体のバランスが悪く、
空戦禁止の措置が取られていたという。
機体の形状からする弱点としては、機体を横転(バンク、ロール)させる時に
使う補助翼(エルロン=主翼の動翼)が低速では利きが悪かったとのこと。
高速域に優れているだけに、低速域は苦手であったようで、失速し易かったようである。
空戦に於ける問題点としては、腹部に大きなラジエターを抱えていたことから、
対空砲火に脆弱で、地上攻撃時に損害が多かったという。

そもそも、P-51の設計はドイツ空軍の主力戦闘機メッサーシュミットBf109の
設計に参加していたドイツ系ユダヤ人のエンジニア、エドガー・シュミートの
主導で行なわれただけに、機体の形状がBf109に似ていたことから、味方の
対空砲火の誤射事故が多かったとのことで、P-51D型で水滴型のキャノピー
への換装と同時に機体の迷彩塗装を止め、メタリカルなクリアドーブ塗装で、
トレードマークとなったピカピカに輝く機体になったという経緯がある。
クリアドーブ塗装にしたのは、P-51D型への改良で、増大した空気抵抗を軽減する
対策であった可能性もある。


F15&P51
F-15とP-51

F16&P51
F-16とP-51

P-51 の胴体と主翼を流用した双発戦闘機として、P-82 ツイン・ムスタングが開発されたが、
フォルムは美しくない。


ツインムスタングP82

P82 A

P82ツインムスタング









スポンサーサイト

テーマ : デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2013/11/02 08:36 | アートCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

機能を追及したフォルムは美しい⑥ …ドイツの傑作拳銃ルガーP08

機能を追及したフォルムは美しい⑥ 

          …ドイツの傑作拳銃ルガーP08



ルガーP08(Luger P08)は1908年、ドイツ陸軍に制式拳銃として採用された、
DWM(ドイツ兵器&弾薬製造会社)社製の傑作拳銃である。
「P08(Pistole 08)」は、ドイツ軍の制式採用年に由来する制式名称。
(ピストーレ・ヌル・アハト)
ドイツでは一般に「パラベラム・ピストーレ(Parabellum Pistole)と呼ばれ、
「ルガー」の名称は、P08輸入販売を行なっていたアメリカのストーガー社が、
開発技術者ゲオルグ・ルガーに因んで名付け、それがそのままアメリカで
定着したと言われる。
口径は9mmで、9mm×19パラベラム弾を使用する。

因みに、パラベラム(Parabellum)とは、ラテン語の「Si vis Pacem, Para bellum
(もしも平和を望むなら、先ず戦争に備えよ)」に由来するとのこと。



P08アングル1
P08アングル2
P08アングル3


ヒューゴ・ボーチャードが1880年代に設計した「ボーチャードピストル」を
生産していたDWM社の技術者であったゲオルグ・ルガーが改良を施し、
1898年にP08の原型が開発され、1900年にP08の前身となるM(モデル)1900
を完成させた。
尺取虫の動きのような、支点で二つに曲がって伸縮するトグルアクション機構
という特異な構造の給弾方式を特徴とする。
(尺取虫という通称があったという)
ゲオルグ・ルガーが改良したP08は、ボーチャードピストルの改良型であるが、
M1900以降、トグルアクション機構以外にその面影は無い。


ボーチャードピストル1

ボーチャードピストル2

ボーチャードピストル3

ボーチャードピストル4

ボーチャードピストル5


M1900では7.62mmパラベラム弾を使用していたが、採用テストを行なった
アメリカ軍に威力不足を指摘されたことから、9mmパラベラム弾を使用する
9mmモデルのM1902が開発された。
更に改良が重ねられ、1904年にドイツ海軍、1908年にドイツ陸軍に制式拳銃
として採用されたが、スイス陸軍は1900年の段階で既にM1900を制式化して
いたという。
P08開発以前の1906年には、アメリカ軍の制式拳銃トライアルに向け、
.45ACP弾仕様の45口径モデルが2挺試作され、現存する1挺は「100万ドル
のルガー」と呼ばれているとのこと。
M1900から海軍のP04までのモデルには、グリップ後部にP08とは機構の異なる
グリップセイフティが装備されていたが、改良された。


Lugerブラック
Luger black widow grip




ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリングが国家元帥に昇進した際、
ゲーリングが株主であった、当時のP08製造会社クリークホフ社が
樫の葉をモチーフにした文様が彫刻された2挺のP08を贈った。
「ゲーリング・ルガー」と称される。


ナチス党の幹部たちは、金メッキを施した特注ルガーを好んだという。


P08は命中精度の高い優れた拳銃と、その評価は高いものの、精緻な構造で
部品数が多く、過酷な環境である戦場で使用する軍用拳銃には不向きであった
のかも知れない。
戦場での故障が多いとのことで、ドイツ陸海軍向けの生産は1942年で終了し、
ワルサーP38に制式拳銃の座を明け渡したが、ドイツ空軍ではゲーリングが
クリークホフ社の株主であった所為か、終戦まで使用し続けたという。


1917ロンガー
ドイツ陸軍のP08の銃身は4inであったが、
ドイツ海軍仕様のP04には、6in銃身モデル(マリーネP04)があった。



1929ロング
陸軍仕様のP08には、砲兵用護身装備である8in銃身モデルの
「アーティラリー(砲兵)」があった。
「ランゲ・ラウフ(長銃身)」または、「ランゲ・ピストーレ(ロングピストル)08」
とも称された。








P08は、第一次世界大戦時の塹壕戦で活躍したが、8発装填のマガジン(弾倉)
だけではなく、32発装填のスネイル・マガジン(巻貝の形状の弾倉)があった。
サブマシンガンが普及していなかった当時、制圧射撃に有効であったという。



1914ファイヤーアームズ




グリップ後部にショルダーストックが着脱可能であった。



カービン仕様 1902
カービン仕様の8in銃身モデル



LugerP08scope付き
スコープを装着した6in銃身モデル



P08実射
ルガーの空薬莢は上方へ飛ぶ。





















テーマ : デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2013/10/23 07:29 | アートCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

機能を追及したフォルムは美しい④ …トンプソン・サブマシンガン

機能を追及したフォルムは美しい④ 

               …トンプソン・サブマシンガン



トンプソン・サブマシンガン(Thompson submachine gun)は、アメリカの
ジョン・トリバー・トンプソン(John Tolliver Thompson)元陸軍大佐に依って
開発された、M1919に始まる歴史的名銃のシリーズである。



tommy-gun sp



thompson バリエーション

1920年から約14年間に亘るアメリカの禁酒法時代を背景に、「暗黒街の顔役」
アル・カポネや、FBIから「社会の敵ナンバーワンPublic Enemy No.1」に
指名された銀行強盗のジョン・デリンジャー等のギャングたちは50連ドラム
マガジン(弾倉)付きのM1928を好んで使用したという。
「シカゴ・タイプライター」「トミーガン」の愛称で呼ばれた。

トミーガン ネス隊長

トミーガン サンダース軍曹

アメリカ軍には、1938年(昭和13年)に制式採用された。
トンプソン・サブマシンガンには、.45ACP弾(0.45インチ)発射時の
上向きの大きな反動を制御する為のカッツ補正器(Cutts compensator)が
銃身の下に縦に付いているモデルと、銃身を横に抑えるM1&M1A1のような
形状の2種類のモデルがある。
また、銃弾を薬室に装填する際のハンドルが上に在るモデルと、M1&M1A1の
ように、横に在るモデルがある。



トミーガン プライベートライアン

M1は、M1928A1を原型として、1942年にアメリカで省力化を施し、
1943年から大量生産された量産モデルで、M1A1は生産性の低かったM1の
更なる改良モデルである。
M1とM1A1では、後部照尺なども単純化された。

また、M1928A1まではボックス・マガジンとドラム・マガジンも装着出来るが、
M1とM1A1にはボックス・マガジンは装着出来ない。
尚、ボックス・マガジンには初期の20発用と、30発用の2種類ある。

tommy_m1921一番
Thompson Model 1921 submachine gun with 20-round box stick magazine.

tommy_m1928二番
Thompson Model 1928 submachine gun with 50-round drum magazine and Cutts compensator

tommy_m1928a1三番
Thompson Model 1928A1 submachine gun with 20-round box magazine and Cutts compensator




Thompson Model 1928A1 submachine gun(wartime production)

tommy_m1五番
Thompson M1 submachine gun with 20-round magazine

tommy_m1a1六番
Thompson M1A1 submachine gun with 30-round magazine


仕様
口径   45口径(約11.43mm)
銃身長  267mm
使用弾薬  .45ACP弾(0.45インチ)
装弾数  20発/30発(箱型弾倉)
作動方式  ストレートブローバック式(オープンボルト式)
セミ/フルオート切替式
全長  813mm
重量  4740g
発射速度  約700発/分
銃口初速  280m/秒
有効射程 50m








.45ACP弾は、1905年にジョン・ブローニングが設計した大型自動拳銃用の
実包(カートリッジ)。
「 .45」は0.45インチ口径、ACPは「Automatic Colt Pistol」の略。
「ポイント・フォーティ・ファイブ(Poiny Forty-Five)」と呼ばれる。
沖縄で、発射済みで火薬の入っていない土産物の.45ACP弾を購入したことが
あるが、1発でもかなり重いものである。
.45ACP弾は9mmパラベラム弾と比較して、反動が大きく、日本人には不向き
であると言われるが、トンプソン・マシンガンは敗戦後の昭和25年(1950年)
に発足した、自衛隊の前身である警察予備隊に大量供与されたという。
現在でも、陸海空自衛隊三隊では、トンプソン・マシンガンは「予備装備」
として、保管されているとのこと。

M1A1 イ

thompson M1A1あ

実に非現実的な空想であるが、将来、我が国が他国の軍隊に占領される事態と
なった時のレジスタンス活動では、私は断然、トンプソンM1A1を装備したい
と考えている。
占領下で武装蜂起する場合、使用する武器は敵軍の装備品と同様にするのが
鉄則であるが、汚らわしい支那製コピーのカラシニコフだの、ハンドガンの
トカレフだのは使いたくもない!


偽装携帯方法1


往年の名作テレビドラマ「コンバット」で、サンダース軍曹(M1928A1装備)は
出撃に際し、スペアに30発入りマガジンを2本、内ポケットに入れて行くだけで
あったが、あれでは計90発と心許無い。
私が出撃する際には、弾倉5本は欲しいところである。
そうであれば、計180発装備ということになる。
相当な重量になると思われるが、私は体格の良い方なので、大丈夫である。
振り向いてニヤリ!

SWM1911 45ACPい

SW M625


因みに、レジスタンス活動でのメインのハンドガンは「コルト・ガバメント」
M1911と決めている。
オートマチックは弾詰まりの危険性を孕むことから、サブのハンドガンには
リボルバーが必要で、これはSmith & Wesson Model 625と決めている。
これならば、弾丸を.45ACP弾に統一することが出来る。
1920年代のアメリカンギャングのように、ハンドガンに装填する弾丸の先端を
十字形に傷付け、手製のダムダム弾に細工して、支那兵の脳天に撃ち込んでやる♪

コルトガバメント コケッ
イッシッシ













テーマ : デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2013/10/19 10:25 | アートCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

機能を追及したフォルムは美しい③ …超音速戦略偵察機SR-71

機能を追及したフォルムは美しい③ 

…超音速戦略偵察機SR-71



SR-71 ブラックバードは1950年代、ロッキード社のスカンクワークス
(先進開発部門)に依って、U-2偵察機の後継として設計、開発された機体で、
偵察機A-12(CIA所属)を空軍用に改良した超音速・高高度戦略偵察機である。
愛称はブラックバード(Blackbird)。
長距離迎撃戦闘機型の YF-12A 等、派生型が多種、開発された。

初飛行は1962年、1967年のベトナム上空偵察が初の実戦任務。
1998年に退役、1999年に最後の記念飛行。
A-12、SR-71は作戦中、ミサイルの追尾を受けたことはあったが、
1機たりとも撃墜されていない。
(着陸後、機体からミサイルの破片が発見されたことはあるとのこと)




SR71ハ


SR-71A 性能諸元
全長32.74m
(ピトー管を含む)全幅 16.94m
全高 5.64m
翼面積 166.76㎡
主翼後退角 (前縁) 60°
主翼後退角 (25%翼弦) 52.6°
自重 25,630kg
全備重量 63,500kg
燃料搭載量 36,415kg
実用上昇限度 25,900m
巡航高度 25,000m
最高速度 3,529.56km/h
(1976年7月、実用機に依る世界最速記録)
最大巡航速度 マッハ3.2
エンジン:P&W社製 J-58(JT11D-20B)×2基
乗員 2名
(複座前席に操縦士、後席にRSO偵察機器操作員が搭乗)







A-12超音速戦略偵察機


A-12
超音速戦略偵察機
15機製造

SR-71A
超音速戦略偵察機
29機製造

SR-71B(複座型練習機)
2機製造

SR-71C(複座型練習機)
1機製造

YF-12A
長距離迎撃戦闘機(空対空ミサイルを搭載)
3機製造






sr71 6

sr71二

SR71イ











nasa sr71 blackbird

sr71 2

sr71ト








テーマ : デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2013/10/17 05:20 | アートCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

機能を追及したフォルムは美しい② …前翼型推進式試作機「震電」

機能を追及したフォルムは美しい② 

               …前翼型推進式試作機「震電」



大東亜戦争末期、日本海軍は、戦略爆撃機B-29の迎撃用に高速局地(防空)
戦闘機を開発していた。
海軍航空技術廠飛行機部の鶴野正敬技術少佐のアイデアから、「九州飛行機」で、
日本で唯一の機首付近に小翼を配した前翼型(エンテ型)の形状、機体後部
にプロペラを配置する推進式(プッシュ式)の単発単座局地戦闘機の試作機
「震電(しんでん)」が製作された。
試作名称は、日本海軍十八試局地戦闘機で、機体略号はJ7W1。


1番震電1a


震電の技術的な特徴として、6翅(し)の推進式プロペラを尾端に配置したのは、
機首の成形に依って、空気抵抗を減少させ、胴体とプロペラ後流との干渉を
無くし、プロペラ効率を上げる為であった。
また、牽引式(プル式)プロペラが機首に無いことから、重武装が可能で、
大口径機銃を集中装備することが出来た。
6翅のプロペラが採用されたのは、プロペラの直径を増さずに、高高度での馬力
を活かす為で、量産型では直径はそのままに、ブレード一枚当たりの面積を
1.5倍にした幅広の4翅プロペラを装備する予定であったという。
操縦席後方に、推進式の「ハ四三」四二(MK9D改)発動機を装備。

前翼型のメリットとして、機体前方にある前翼と主翼が両方で揚力を発生
させることから、主翼面積を小さくすることが出来た。
また、失速特性が良くなり、大迎え角でも失速し難い性能を得た。
※迎え角(angle of attack)
翼に当たる気流と翼弦線との為す角、飛行機の進行方向と翼弦線とが為す
角を言う。

昭和20年(1945年)6月に試作機が完成はしたものの、試験飛行を行っていた
段階で終戦を迎えた。
震電の構造上の問題点としては、プロペラが操縦席の後方にあり、緊急脱出時に
パイロットがプロペラに巻き込まれる可能性が高いという致命的な欠陥があった。


震電 図面2


尚、三菱重工業でも、「閃電(せんでん)」という推進式局地戦闘機の開発を
行なっていたが、双胴の形状の所為か、プロペラが発生させる気流で水平尾翼
が異常振動を起こすなどの問題点を解消出来ず、昭和19年(1944年)7月に
試作中止となった。
試作名称は、十七試局地戦闘機で、昭和18年(1943年)夏以降は「試製閃電」
と改称。機体略号はJ4M1。


閃電1
閃電1

閃電2
閃電2

閃電3
閃電3

因みに、震電や閃電同様のレシプロエンジン推進式戦闘機は、
アメリカでは、カーチス社が前翼型のXP-55 アセンダーを、
ドイツでは、ヘンシェル社が前翼型で、二重反転プロペラのP75ヘンシェルを、
スウェーデンでは、サーブ社が双胴のSaabサーブ21を開発していたが、
それらのフォルムは震電のように美しいとは言えない。


2番震電3bb

3番震電1bb

震電47

4番震電2bb

5番震電8bb

6番震電15bb

7番震電3a

8番震電2a

9番震電4a

10番震電5a

可愛い拍手

アセンダー6
XP-55 アセンダー1

アセンダー7
XP-55 アセンダー2

ヘンシェルP75A2
P75ヘンシェル1

ヘンシェルP75
P75ヘンシェル2

サーブ21a
サーブ21 A


サーブ21 B




テーマ : デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2013/10/15 03:59 | アートCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»