スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

対米英開戦の詔勅…米国及び英国に対する宣戦の詔書

 2017-08-19
対米英開戦の詔勅

…米国及び英国に対する宣戦の詔書



第119記事1


第119記事5慶応義塾福澤研究センター様依り
※画像は、慶応義塾福澤研究センター様のサイト依り、拝借。


天佑(てんゆう)を保有し、万世一系の皇祚(こうそ)を践(ふ)める
大日本帝国天皇は昭(あきらか)に忠誠勇武なる汝(なんじ)有衆(ゆうしゅう)に示す。

※天祐:天の助け。
※皇祚(こうそ)を践(ふ)む:皇位を継承する。
※昭(あきらか)に:はっきりと。
※有衆:国民(天皇から臣民に語り掛ける語)


朕(ちん)茲(ここ)に、米国及び英国に対して、戦(たたかい)を宣す。


朕(ちん)が陸海将兵は、全力を奮(ふるっ)て、交戦に従事し、
朕(ちん)が百僚有司は励精(れいせい)、職務を奉行(ほうこう)し、
朕(ちん)が衆庶(しゅうしょ)は各々、其の本分を尽し、
億兆一心(いっしん)、国家の総力を挙げて、征戦の目的を達成するに
遺算(いさん)なからんことを期せよ。

※百僚:多くの官吏。百官。
※有司:役人。
※励精:精を出して励むこと。また、その様。精励。
※奉行する:命令を奉じて、物事を執り行うこと。
※衆庶:諸々の人々。一般の人々。庶民。
※遺算:手落ち。計算違い。見込み違い。


抑々(そもそも)、東亜の安定を確保し、以(もっ)て、世界の平和に寄与するは、
丕顕(ひけん)なる皇祖考(こうそこう)、丕承(ひしょう)なる皇考の
作述(さくじゅつ)せる遠猷(えんゆう)にして、朕(ちん)が拳々(けんけん)
措(お)かざる所。

※丕顕(ひけん):大いに明らかなこと。(「丕」は「大)の意)
※皇祖考:天皇の亡祖父。(此処では明治天皇)
※丕承(ひしょう):大いに受け継ぐこと。
※皇考:天皇の亡父。(此処では大正天皇)
※作述する:先人の言説を伝え述べることと、自分で新しく説を為すこと。
  先人の業績を受け継いだり、新たに創作したりすること。
※遠猷(えんゆう):遠い将来まで考えた図り事。遠謀。
※拳々(けんけん):両手で恭しく捧げ持つこと。
※拳々措(お)かざる:常に心に持ち続けるの意。


而(しこう)して、列国との交誼(こうぎ)を篤(あつ)くし、万邦共栄の
楽(たのしみ)を偕(とも)にするは、之亦(これまた)帝国が常に国交の
要義と為す所なり。


※而して:そうして。そこで。そうであるから。
※交誼:親しい交わり。


今や不幸にして、米英両国と釁端(きんたん)を開くに至る。
洵(まこと)に已むを得ざるものあり。
豈(あに)朕(ちん)が志ならんや。

※釁端(きんたん):不和の始まり。
※釁端を開く:紛争を招く。
※豈(あに):(打ち消しの表現を伴って)決して。
 (反語表現で)どうして…であろうか。


中華民国政府、曩(さき)に帝国の真意を解せず、濫(みだり)に事を構えて、
東亜の平和を攪乱し、遂(つい)に帝国をして、干戈(かんか)を執るに至らしめ、
茲(ここ)に四年有余を経たり。

※曩(さき)に:先に。以前に。
※干戈(かんか):干(たて)と戈(ほこ)の意。武器。武力。戦争。


幸(さいわい)に国民政府更新するあり。
帝国は之と善隣の誼(よしみ)を結び、相(あい)提携するに至れるも、
重慶に残存する政権は、米英の庇蔭(ひいん)を恃(たの)みて、
兄弟(けいてい)尚(なお)未(いま)だ、牆(かき)に相鬩(あいせめ)くを
悛(あらた)めず。

※庇蔭(ひいん):ひさしの陰。庇(かば)うこと。また、お蔭を被ること。
※牆(かき)に相鬩(あいせめ)く:仲間同士が内輪で争う。
※悛(あらた)める:過ちを止めて、心を正すこと。


米英両国は、残存政権を支援して、東亜の禍乱(からん)を助長し、
平和の美名に匿(かく)れて、東洋制覇の非望を逞(たくまし)うせんとす。


剰(あまつさ)え、与国を誘(いざな)い、帝国の周辺に於いて、
武備を増強して、我に挑戦し、更に帝国の平和的通商に有(あ)らゆる妨害を与え、
遂に経済断交を敢(あえ)てし、帝国の生存に重大なる脅威を加う。

※剰(あまつさ)え:そればかりか。その上に。
※与国:助け合う関係にある国。同盟国。


朕(ちん)は政府をして、事態を平和の裡(うち)に回復せしめんとし、
隠忍久しきに弥(わた)りたるも、彼は毫(ごう)も交譲(こうじょう)の
精神なく、徒(いたずら)に時局の解決を遷延(せんえん)せしめて、
此の間(かん)、却(かえ)って益々、経済上軍事上の脅威を増大し、
以(もっ)て、我を屈従せしめんとす。

※毫(ごう)も:少しも。些かも。(後に打消しの語を伴い)
※交譲(こうじょう):互いに譲り合うこと。互譲。
※徒(いたずら)に:無駄に。虚しく。
※時局:国家・社会の、その時の情勢。世の中の成り行き。


斯(かく)の如くにして推移せんか、東亜安定に関する帝国積年の努力は
悉(ことごと)く水泡に帰し、帝国の存立、亦(また)正(まさ)に
危殆(きたい)に瀕(ひん)せり。

※推移せんか:推移したならば。
※危殆に瀕する:非常に危ない状態になる。大きな危機に曝される。


事(こと)既(すで)に此に至る。
帝国は今や、自存自衛の為、蹶然(けつぜん)起(た)って、
一切の障礙(しょうがい)を破砕(はさい)するの外(ほか)無きなり。

※蹶然(けつぜん):勢い良く立ち上がる様。勢い良く行動を起こす様。


皇祖(こうそ)皇宗(こうそう)の神霊、上(かみ)に在り。

※皇祖皇宗:天皇の始祖たる神武天皇と当代に至る迄の歴代の天皇。


朕(ちん)は、汝(なんじ)有衆(ゆうしゅう)の忠誠勇武に信倚(しんい)し、
祖宗(そそう)の遺業を恢弘(かいこう)し、速(すみやか)に禍根を
芟除(さんじょ)して、東亜永遠の平和を確立し、以(もっ)て、
帝国の光栄を保全せんことを期す。
(文責在詠山史純)

※信倚(しんい)する:信じ頼ること。信頼すること。
※祖宗(そそう):「皇祖皇宗」の略称。
※恢弘(かいこう):事業等を大きく押し広めること。
※芟除(さんじょ):刈り除くこと。良くないものを取り除くこと。


御名御璽

昭和十六年十二月八日

内閣総理大臣兼内務大臣兼陸軍大臣 東条英機
文部大臣 橋田邦彦
国務大臣 鈴木貞一
農林大臣兼拓務大臣 井野碩哉
厚生大臣 小泉親彦
司法大臣 岩村通世
海軍大臣 嶋田繁太郎
外務大臣 東郷茂徳
逓信大臣 寺島 健
大蔵大臣 賀屋興宣
商工大臣 岸 信介
鉄道大臣 八田嘉明


第119記事2
「米国及び英国に対し宣戦」昭和16年12月8日「官報号外」




東京日日


大阪毎日


朝日夕刊2





スポンサーサイト
タグ :

終戦の詔勅…大東亜戦争終結ニ関スル詔書

 2017-08-16
終戦の詔勅

…大東亜戦争終結ニ関スル詔書



朕(ちん)深く世界の大勢と、帝国の現状とに鑑み、非常の措置を以って、
時局を収拾せんと欲し、
茲(ここ)に忠良なる爾(なんじ)臣民(しんみん)に告ぐ。


朕(ちん)は帝国政府をして、米英支蘇四国に対し、其の共同宣言を受諾する旨
通告せしめたり。

※蘇国:ソ連のこと。


抑々(そもそも)帝国臣民の康寧(こうねい)を図り、万邦共栄の楽を
偕(とも)にするは、皇祖皇宗の遺範にして、朕(ちん)の拳々(けんけん)
措かざる所、曩(さき)に米英二国に宣戦せる所以(ゆえん)も
亦(また)実に帝国の自存と東亜の安定とを庶幾(しょき)するに出て、
他国の主権を排し、領土を侵すが如きは、固(もと)より朕(ちん)が志にあらず。

※康寧(こうねい):平穏無事であること。安寧。
※皇祖皇宗:天皇の始祖たる神武天皇と当代に至る迄の歴代の天皇。
※遺範:先人から遺された手本。
※拳々:両手で恭しく捧げ持つこと。
※曩(さき)に:先に。以前に。
※所以(ゆえん):訳。理由。
※庶幾(しょき)する:切に願い望むこと。


然るに、交戦已に四歳を閲し、朕が陸海将兵の勇戦、朕が百僚有司の励精、
朕が一億衆庶の奉公、各々最善を尽せるに拘らず、戦局必ずしも好転せず、
世界の大勢、亦(また)我に利あらず。

※閲する:経過すること。
※百僚:多くの官吏。百官。
※有司:役人
※励精:精を出して励むこと。また、その様。精励。

加之(しかのみならず)、敵は新たに残虐なる爆弾を使用して、頻(しきり)に
無辜(むこ)を殺傷し、惨害の及ぶ所、真に測るべからざるに至る。

※加之(しかのみならず):そればかりでなく。それに加えて。
※無辜(むこ):罪の無いこと。また、その人。


而(しか)も尚、交戦を継続せむか、終(つい)に我が民族の滅亡を
招来するのみならず、延(ひ)いて人類の文明をも破却すべし。

斯の如くんば、朕(ちん)何を以ってか、億兆の赤子を保し、皇祖皇宗の神霊に謝せむや。

是れ、朕が帝国政府をして、共同宣言に応せしむるに至れる所以なり。

朕は帝国と共に終始、東亜の解放に協力せる諸盟邦に対し、遺憾の意を
表せざるを得ず。

帝国臣民にして、戦陣に死し、職域に殉じ、非命に斃れたる者、及(および)
其の遺族に想を致せば、五内(ごだい)為に裂く。

※五内(ごだい):五臓の意。
※五内為に裂く:これが為に、全身が裂かれる様に痛む。
これが為に、これ以上辛いことは無い。


且(かつ)、戦傷を負い、災禍を蒙(こうむ)り、家業を失いたる者の厚生に
至りては、朕の深く軫念(しんねん)する所なり。

※軫念(しんねん)する:天子が心を痛め,心配すること。


惟(おも)うに今後、帝国の受くべき苦難は固(もと)より、尋常にあらず。

爾(なんじ)臣民の衷情も、朕(ちん)善く之を知る。

※衷情:嘘偽りの無い心。真心。衷心。誠意。


然れども、朕(ちん)は時運の趨(おもむ)く所、堪え難きを堪え、
忍び難きを忍び、以って、万世の為に太平を開かんと欲す。

朕は茲(ここ)に国体を護持し得て、忠良なる爾(なんじ)臣民の赤誠に
信倚(しんい)し、常に爾(なんじ)臣民と共に在り。

※赤誠:少しも嘘偽りの無い心。ひたすら真心を以って、接する心。
※信倚(しんい)する:信じ頼ること。信頼すること。


若し夫れ、情の激する所、濫(みだり)に事端を滋(しげ)くし、
或いは、同胞排擠(はいせい)互に時局を乱り、為に大道を誤り、
信義を世界に失うが如きは、朕(ちん)最も之を戒む。

※事端:事件の糸口。事の起こり。事の端緒。
※事端を滋(しげ)くする:事件を沢山引き起こすこと。
※排擠(はいせい):人を押し退けたり,陥れたりすること。排斥。


宜しく挙国一家子孫相伝え、確けく神州の不滅を信じ、任重くして、道遠きを
念(おも)い、総力を将来の建設に傾け、道義を篤くし、志操を鞏(かた)くし、
誓って、国体の精華を発揚し、世界の進運に後(おく)れざらんことを期すべし。

爾(なんじ)臣民(しんみん)、其(こ)れ克(よ)く、朕(ちん)が意を体せよ。
(文責在詠山史純)

御名御璽

昭和二十年八月十四日

内閣総理大臣 男爵 鈴木貫太郎
海軍大臣 米内光政
司法大臣 松阪広政
陸軍大臣 阿南惟幾
軍需大臣 豊田貞次郎
厚生大臣 岡田忠彦
国務大臣 桜井兵五郎
国務大臣 左近司政三
国務大臣 下村宏
大蔵大臣 広瀬豊作
文部大臣 太田耕造
農商大臣 石黒忠篤
内務大臣 安倍源基
外務大臣兼大東亜大臣 東郷茂徳
国務大臣 安井藤治
運輸大臣 小日山直登


終戦の詔勅1

終戦の詔勅2

終戦の詔勅3

終戦の詔勅4
国立公文書館所蔵


終戦に関するテレビ番組等では、玉音放送の「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び」の
一部分が象徴的に用いられ、恰も昭和天皇が国民に対し、「堪え難きを堪え、
忍び難きを忍べ」とご命令為さった如くに解釈させたいが為であろうが、
恣意的に編集されることが常態化している。
しかし、「然れども、朕は時運の趨く所、堪え難きを堪え、忍び難きを忍び、
以って、万世の為に太平を開かんと欲す」とある如く、この「堪え難きを堪え、
忍び難きを忍び」の主語は、昭和天皇御自身であり、「(朕は)堪え難きを堪え、
忍び難きを忍んで、これからもずっと続いて行く将来の為に、太平を築いて
行きたい(文責在詠山史純)」と仰ったのである。

※張横渠の立言「天地の為に心を立つ。生民の為に命を立つ。
往聖の為に絶学を継ぐ。『万世の為に太平を開く』」


敗戦の哀しみ
玉音放送を拝聴し、敗戦の哀しみに涙を流す、海軍軍需工場に勤労動員された
女子挺身隊の可憐な女学生


昭和20年12月15日、占領軍の連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)は、
日本政府に対し、神道指令を発し、「大東亜戦争」という呼称の使用を禁止した。

「国家神道、神社神道ニ対スル政府ノ保証、支援、保全、監督並ニ弘布ノ廃止ニ関スル件」
(昭和二十年十二月十五日
連合国軍最高司令官総司令部参謀副官発第三号《民間情報教育部》
終戦連絡中央事務局経由日本政府ニ対スル覚書)
「公文書ニ於テ『大東亜戦争』、『八紘一宇』ナル用語乃至ソノ他ノ用語ニシテ
日本語トシテソノ意味ノ連想ガ国家神道、軍国主義、過激ナル国家主義ト
切り離シ得ザルモノハ之ヲ使用スルコトヲ禁止スル、而シテカカル用語ノ
却刻停止ヲ命令スル」

そして、日本人は「大東亜戦争」とは歴史観も価値観も全く異なる、
「太平洋戦争」という呼称を強要されたのである。
「大東亜戦争」という呼称は、昭和16年(1941年)12月12日、東條内閣が、
支那事変も含めた上で、閣議決定したものである。
我が国は「大東亜戦争」を戦ったのであって、「太平洋戦争」を戦ったのではない。





タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。