スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

知らなきゃ、とても読めない …難読苗字!

 2011-06-18
知らなきゃ、とても読めない! 

                         …難読苗字



私は、苗字というものから、そのご一族の起源や歴史を
想像するのが好きである。

日本人の苗字というものは一体、幾ら存在するのだろうか?
一説には、十五万とも、二十七万とも言われている。
その中には一体全体、何とお読みしたら良いのか、
皆目検討も付かない、面白いと言っては失礼に当たるが、
全く奇抜な苗字もあるものだ。w(°O°;)w

苗字に関して解らないことは、姓氏や家紋のご研究で
ご高名な丹羽基二博士の著書を繙いて、そのご研究成果を
仰ぐことにしている。

日付がそのまま苗字になっているケースは、
特に訓みが分からない。

田園5 400

「四月一日」さん! w(°ロ°;)w
「わたぬき」さんとお訓みすれば、良いのだそうだ♪

陰暦の四月一日は、太陽暦では五月。
暖かくなって、綿入れの着物を脱ぐか、綿を抜くということか。
「ぬく」が「貫く」で、「綿貫」さん♪ なるほど!なるほど!
起源は一緒のようである。

田園2 400

「六月一日」さん! w(°ロ°;)w
「うりわり」さんとお訓みすれば、良いのだそうだ♪

「六月朔日」さん、「瓜破」さんと起源は一緒とのこと。
六月の初めに、瓜の実が割れるとか…風情があるものだ♪
地名としては、大阪市平野区に瓜破町があるという。

田園3 400

「八月一日」さん! w(°ロ°;)w
「ほづみ」さんとお訓みすれば、良いのだそうだ♪

「八月朔日」さん、「八朔」さん、「穂積」さん、「穂摘」さん
と起源は一緒のようだ。 古代からの名族である!

旧暦の八月一日に新穂を積んで、刈り入れのお祝いをするという
八朔(はっさく)の行事に由来するという。

田園4 400

「十二月一日」さん! w(°ロ°;)w
「しわすだ」さんとお訓みすれば、良いのだそうだ。

「十二月田」ということで、
何でも、十二月一日の祭礼用に当てるご神田のことらしい。
現存しない地名ということだが、川口市の十二月田町の地名に
由来するという。
残しておいて欲しかった地名であるとつくづく思う。
文明は、文化を破壊するということなのだ。

尤も、「十二月田」姓は有っても、
「十二月一日」姓は無いという説もあるのだが…。

田園1 400

「十二月晦日」さん! w(°ロ°;)w
「ひづめ」さんとお訓みすれば、良いのだそうだ。

大晦日の日、一年の最後の日だから、日が詰まって「日詰」さん♪
なるほど!と、ここまで来るとだんだん解読に慣れて来る。
訓みのコツのようなものが、何となく解って来たような気がする。
何とも、楽しいものだなぁ♪


スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kannoeizan.blog111.fc2.com/tb.php/146-d1064b85
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。