スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

神風は二度吹いていた! …アメリカ海軍第3艦隊の遭難

 2012-01-13
神風は二度吹いていた! 

…アメリカ海軍第3艦隊の遭難



鎌倉時代、文永11年(1274年)の文永の役と弘安4年(1281年)の弘安の役、
モンゴル帝国とシナ、朝鮮の連合軍の大艦隊が九州に侵攻した元寇(げんこう)
の際、その蒙古軍の大艦隊を一夜にして、海の藻屑と化し、撃退した台風を、
天人相関思想に基いて、「神の国」の日本人は「神風」と呼んだ。

日本の敗北が決定的に濃厚な戦況に至った太平洋戦争末期、戦局の起死回生を
願って、「神風」や「回天」と名付けた捨て身の特攻作戦で多くの日本男児が
護国に殉じ、散華されたが、700年前に蒙古軍の大艦隊を葬り去ったような
「神風」は、遂に吹かなかったと言われる。

元寇2 400

しかし、アメリカ合衆国国防省海軍部海軍歴史センター の記録に依れば、
アメリカ海軍は二度までも巨大な「台風」に遭遇して、多大な損害を被って
いたのだ。


昭和19年(1944年)12月18日、ルソン島東方沖480kmのフィリピン海で、
マッカーサー元帥の指揮する第10軍団、第24軍団に依るフィリピン侵攻作戦、
レイテ島上陸の支援作戦行動中であった、ハルゼー提督指揮下の高速空母機動
部隊第3艦隊が、平均風速37m、最大風速60mの巨大な熱帯低気圧、アメリカ
海軍側呼称「コブラ台風」に遭遇した。

第3艦隊は、洋上での駆逐艦への燃料補給作業時の安全を確保する為に3度、
艦隊の会合地点を変更したが、艦隊気象予報官の誤報で、台風の移動予測を
誤り、結果的に台風と並進するルートを選択してしまったのだ。

暴風圏内に突入し、20mの高波に襲われる中、艦隊各艦は衝突や転覆を避け
ようと操船を試みたが、駆逐艦などの小型艦では浸水に依る配電盤や電線が
ショート、操舵装置の故障が多発し、発電機の故障で注排水装置が停止した
艦もあったという。

ファラガット級駆逐艦「ハル」「モナガン」、フレッチャー級駆逐艦
「スペンス」の3隻が転覆して沈没。
クリーブランド級軽巡「マイアミ」、
インデペンデンス級軽空母「モントレー」「カウペンズ」「サン・ジャシント」、
カサブランカ級護衛空母「ケープ・エスペランス」、
ボーグ級護衛空母「アルタマハ」、
ファラガット級駆逐艦「デューウィ」「エイルウィン」、
フレッチャー級駆逐艦「ヒコックス」が重大な損傷を受け、
その他、軽微な損傷を受けた艦は19隻あったという。

軽空母「モンテレー」では、搭載機が壁に衝突したことに因り、火災が発生。
戦艦「アイオワ」のプロペラ推進軸が破損、パールハーバーでのドック修理を
要した他、レーダー装置を損傷した艦も多数有ったという。

過大な武装などに因る重量超過から、重心が高くなり、艦の傾斜に対する
復原性不足のトップヘビーな状態を指摘されていたというファラガット級
駆逐艦4隻全てが、沈没または大破している。
将兵の死亡、行方不明を合わせて、約790名、艦載機146機の損害を受けた。

元寇1 400

昭和20年(1945年)6月5日、沖縄での激戦が続く中、ハルゼー提督指揮の
第3艦隊は、沖縄水域への神風特攻阻止を目的として、九州南部の特攻基地
への空襲を終え、帰途に就いた東シナ海、沖縄南東海上で、アメリカ海軍側
呼称「バイパー台風」に遭遇し、再び甚大な被害を受けた。

艦隊予報官は、「バイパー」は「コブラ」より小型で弱いと予測したが、
実際にはより強力で、またもや誤報の為に位置と針路を誤り、艦隊は
台風の只中に突入してしまったのだ。

この台風に因って、沈没した艦艇はなかったものの、第3艦隊は正規空母2隻、
軽空母2隻、護衛空母4隻、戦艦4隻、重巡洋艦3隻、軽巡洋艦4隻、駆逐艦以下
17隻、合計36隻の艦艇が損傷を受け、艦載機76機が破壊された。
甚大な被害を受けたにも拘わらず、将兵の死者は6名に留まったという。

特に、7隻の艦艇が大きな損傷を受け、中でも重巡洋艦「ピッツバーグ」は
三角波に打たれて艦首30mの船体を失い、旗艦であるエセックス級正規空母
「ホーネット」は飛行甲板前方約8mが圧潰して破損したという。



この2つの台風を合わせて、「ハルゼー台風」とも呼ばれる。
このハルゼー台風に因るアメリカ海軍主力艦隊の多大な損傷に依って、
日本本土攻撃計画の一部は中止を余儀なくされたということからすると、
この二つの「神風」に救われた日本人の命もあったはずなのだ。





スポンサーサイト
タグ :
コメント
初めて聞く話しです。
驚いた・・・・
【2012/05/09 17:18】 | 匿名 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kannoeizan.blog111.fc2.com/tb.php/227-dcdce78b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。