スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

日韓友好、日中友好の無駄な幻想 …日本近現代史の宿痾、朝鮮、支那

 2013-06-11
日韓友好、日中友好の無駄な幻想 

     …日本近現代史の宿痾、朝鮮、支那



大和系日本人であるならば、少なくともペリーの黒船来航以降の幕末から、
大東亜戦争敗北に至るまでの日本近現代史を真摯に学ぶべきである。
そして、19世紀から20世紀に掛けての頑冥固陋、因循姑息な中華思想、
何ら根拠無き優越感を振り翳しての侮日感情を露わにした東夷思想を体現化し、
西洋列強には媚び諂いながらも、日本には敵対した朝鮮人、支那人の歴史的
所業、西洋列強が白人至上主義を背景に残虐の限りを尽くし、植民地拡大競争
に狂奔した歴史的事実を学ぶべきである。
江戸期の文化レベルは世界最高峰に達していたとは言え、軍事的、経済的には、
極東の弱小国家に過ぎなかった日本が、一時期は西洋列強に半植民地化され
ながらも、如何に辛苦を重ね、大和民族の誇り高く独立自存を守り抜いたかを
追体験すべきである。


ペリー来航500


平成7年8月15日に発表された反日左翼の戯言である、村山内閣総理大臣談話
「戦後50周年の終戦記念日にあたって」の中に、「私たちは過去のあやまちを
2度と繰り返すことのないよう、……」との文言があるが、我が国の近現代史に
於ける最大の過ちは就中、朝鮮人、支那人と関わりを持ったことにある。
そして、大東亜戦争の敗戦から今日に至るまで、その教訓は生かされていない。

朝鮮系日本人、支那系日本人に限らず、民主党、社民党などの反日左翼系の
国会議員やら、政界を侵掠している教団など、朝鮮、支那とコネクションの
ある連中は日韓友好、日中友好という無駄なお題目を唱え続けている。
日本の国会でありながら、朝鮮、支那の息の掛かった議員連中の発言には、
「日本」の国名は一向に出て来ぬ癖に、予算委員会でも一人の質問時間内に
10回も20回も「お隣の韓国が…」「お隣の中国が…」とほざき捲くっている。
日本の公安警察は、こうした国賊のような手合いの政治的背景を徹底調査した
方が良い。
尤も、民主党政権下ではこういう売国奴のような連中が国家公安委員長やら、
法務大臣に就任していたという喜劇的な悲劇が現実化していた訳であるが。


売国450


「向こう三軒両隣」とは、自分の家の向かい側の3軒と左右の2軒の家で、
親しく交際すべき近所の家という意味であるが、この「向こう三軒両隣」が
性格は悪いは頭は悪い、教養も無いは一般常識にも欠ける、何かの拍子に一旦、
スイッチが入ると気が狂ったように暴れ捲くる、我が侭で無慈悲な広域暴力団
のヤクザたちであったと仮定しよう。
こうした状況下で、これらの「向こう三軒両隣」と親しく近所付き合いをする
馬鹿な堅気の市民は居るまい。
外で顔を合わせたら、仕方が無いので常識的に「お早うございます」やら、
「今日は」程度の挨拶はする。
町内会の回覧板も決められた順番通りに、そっと回してはやる。
しかし、それ以上のお付き合いは御免被るというのが真っ当な判断である。


気違い 慰安婦像


福沢諭吉の執筆とされる、明治18年(1885年)3月16日付「時事新報」紙上
に掲載された社説は「脱亜論」と呼ばれている。

「……
日本は、国土はアジアに在りながら、国民精神に於いては西洋の近代文明を
受け入れた。
ところが日本の不幸として在るのは、近隣国である。
その一つは支那であり、もう一つは朝鮮である。
この二国の人々も日本人と同じく、漢字文化圏に属し、同じ古典を共有して
いるが、もともと人種的に異なっているのか、それとも教育に差があるのか、
支那、朝鮮二国と日本との精神的隔たりは余りにも大きい。
情報がこれほど速く行き来する時代に在って、近代文明や国際法について
知りながら、それでも過去に拘り続ける支那、朝鮮の精神は千年前と違わない。
……
例えば、国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って、
恥じることもない。
……
最早、この二国が国際的な常識を身に付けることを期待してはならない。
東アジア共同体の一員としてその繁栄に与ってくれるなどという幻想は
捨てるべきである。
日本は、大陸や半島との関係を絶ち、先進国と共に進まなければならない。
ただ隣国だからという理由だけで、特別な感情を持って接してはならない。
この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。
悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。
私は気持ちに於いては、東アジアの悪友と絶交するものである」(趣意)

今も昔も相変わらず、朝鮮人は朝鮮人で、支那人は支那人であるということである。
3年の恩を3秒で忘れるという、3年の恩を3日で忘れるニャンコにも劣る
ような三流国家とは深い国交を持たずに、放って置けば良いのである。


ヴィトー&マイケル500


1972年に公開されたフランシス・コッポラ監督作品「ゴッドファーザー
(The Godfather)」という名作映画がある。
ニューヨークマフィア、五大ファミリーの一つであるコルレオーネ一家の
悲劇の運命を描いた作品であるが、ドン・ヴィトー・コルレオーネ(マーロン・
ブランド)が襲撃され、後継者であった長男、ソニー(ジェームズ・カーン)
が殺され、栄華を誇ったコルレオーネ一家は存続の危機に陥る。
マフィアの仕事には関わって来なかった三男のマイケル(アル・パチーノ)が
ファミリーのドンとして、後を継ぐ決意をする。

やがて、コルレオーネ一家を潰そうと暗躍しているのが、ニューヨーク五大
ファミリーの一つ、バルジーニ一家のドン、エミリオ・バルジーニであること
をドン・ヴィトー・コルレオーネは悟る。
ドンの地位をマイケルに譲ったヴィトーは、彼にこう忠告する。
「バルジーニとの会談を仲介する奴が裏切り者である」と。

マイケルは裏切るとしたら、ファミリー古参の幹部、クレメンザではないかと
予想していたが、ヴィトーの葬儀当日に「自分の縄張り内で安全は保障する
から、エミリオ・バルジーニと会談しないか」と話を持って来たのは、別の
古参の幹部、テッシオであった。
テッシオは没落したコルレオーネ一家と運命を共にしては、自分の一家が存続
出来ないと、バルジーニ一家に乗り換えて、マイケルの暗殺計画に加担したの
であるが、策謀を見破ったマイケルに殺される。

マイケルにバルジーニとの会談を仲介したテッシオが裏切り者であった。
日本国民は、国会の内外で「韓国が…」「中国が…」とほざいている連中は、
「バルジーニとの会談を仲介したテッシオ」同様の裏切り者、売国奴、国賊
であることを賢く悟るべきである。


日韓500

日中500




スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kannoeizan.blog111.fc2.com/tb.php/368-f4362192
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。