スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

歴史を忘れた民族に未来は無いとのこと・・・小賢しき朝鮮人の言い草よ!

 2013-07-30
「歴史を忘れた民族に未来は無い」とのこと 

・・・小賢しき朝鮮人の言い草よ!


7月28日に行われたサッカー東アジア杯の日韓戦で、試合開始前から
ハーフタイムまで観客席に、「歴史を忘れた民族に未来は無い」とハングルで
書かれた横断幕が掲げられたという。
また、試合開始前後には、朝鮮併合に反対していた元勲、伊藤博文を暗殺した、
韓国の大英雄、朝鮮独立運動家、稀代の勘違い野郎、人殺しの安重根とやらの
肖像を描いた幕も掲げられたという。


チ5


不可解なのは、その「歴史を忘れた民族に未来は無い」という説教じみた台詞
がハングルで書かれていたことである。
日本人に向けたメッセージの積もりなのであろうが、大方の大和系日本人には、
あんな幼稚な金釘のような表音文字を読解出来る訳が無いではないか。

大枚の付け届けが功を奏し、何をしても大目に見て貰える自信はあるものの、
一応は国際サッカー連盟(FIFA)の視線を慮って、日本語や英語で書くだけの
度胸が無かったのかも知れない。
尤もメッセージをハングルで書いたということは、優秀な朝鮮民族に対して、
「歴史を歪曲する民族に未来は無い!」「歴史を捏造する民族に未来は無い!」
という自虐的省察の警鐘にもなるので、一石二鳥の素晴らしいパフォーマンス
と言えるのかも知れない。


馬鹿チョン1


文章の意味の厳密さに拘る私としては、「歴史を忘れた民族に未来は無い」の、
「歴史を忘れた」とは、どういう意味か、「未来は無い」とは、どういう意味か、
その辺りが曖昧な表現は好きではない。
支那人や朝鮮人が歴史を歪曲、捏造し続け、それに呼応する反日左翼の売国奴、
国賊のような、名ばかりの日本人の多い現代日本の中でも、大東亜戦争敗戦後
70年近くを経て、やっとこさっとこ、我らが祖国日本の歩んで来た近現代の
道程を正視眼的に評価出来る、覚醒した若い世代が現われて来たことを大変に
嬉しく思う昨今である。


朴元大統領1


この「歴史を忘れた民族に未来は無い」という小賢しいメッセージを、
ウリナラファンタジーに酔い痴れているようなお馬鹿民族にお返ししよう。
朝鮮人は自民族の歴史の実相も、「日韓併合」の真相も認識してはいないのである。
臭い物には蓋をしておきたいというのが本音であろうよ。

韓国の現大統領朴槿恵氏の父親で、軍事クーデターで政権を掌握し、
1963年から1979年に暗殺されるまで、軍事独裁体制を敷いていた
朴正煕(ぼく せいき)元大統領(日本名 高木正雄)は、その著書
「国家、民族、私」の中で、朝鮮民族の歴史に就いて、「我が半万年の歴史は、
一言で言って、退嬰と粗雑と沈滞の連鎖史であった」と述べている。
また、「(朝鮮社会は)姑息、怠惰、安逸、日和見主義に示される小児病的な
封建社会の一つの縮図に過ぎない」「我が民族史を考察してみると、情けない
という他はない」とも述べている。

また、ある時、日韓閣僚会議で、朴正煕元大統領は日本の朝鮮統治に就いて、
「日本の朝鮮統治はそう悪かったと思わない。
自分は非常に貧しい農村の子供で学校にも行けなかったのに、日本人が来て
義務教育を受けさせない親は罰すると命令したので、親は仕方なしに大事な
労働力だった自分を学校に行かせてくれた。
すると成績が良かったので、日本人の先生が師範学校に行けと勧めてくれた。
さらに軍官学校を経て東京の陸軍士官学校に進学し、首席で卒業することが出来た。
卒業式では日本人を含めた卒業生を代表して答辞を読んだ。
日本の教育は割りと公平だったと思うし、日本のやった政治も私は感情的に
非難するつもりもない、むしろ私は評価している」と正当に評価している。




カメラマン1

500 朝鮮 古写真



ち2



チョン12



















ち1





ち50















チョン9

チョン5









ち51

ち59





カメラマン1




朝鮮総督府2

朝鮮総督府1

チョン6 



















































ち52

ち53

ち54

ち55

ち57



ち60

ち61

ち64

ち65

ち66

ち67

ち68

ち69

ち70



朝鮮人は三年の恩を三秒で忘れる。
三年の恩を三日で忘れるという、ニャンコにも劣る大馬鹿民族であるからして、
極力、関わらぬに越したことは無い。
疎遠に成るべく、放っておくのが唯一の正しい選択である。


スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kannoeizan.blog111.fc2.com/tb.php/408-78292943
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。