麻生太郎副総理の「あの手口学んだらどうかね」発言問題 …正当な読解無き批難の狂騒

 2013-08-03
麻生太郎副総理の「あの手口学んだらどうかね」発言問題 

           …正当な読解無き批難の狂騒



7月29日、麻生太郎副総理兼財務相が国家基本問題研究所月例研究会で講演し、
日本国憲法の改正に就いて、ドイツのワイマール憲法下に於けるヒトラーの
ナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)の例を引き合いに出したことが、
ナチスの手法を肯定したと報道され、国内外の顰蹙を買っているとのこと。

この件に就いて、「日本維新の会」の橋下徹共同代表(大阪市長)は、
「ナチスドイツを正当化した発言では決してない。国語力があれば、
直ぐ分かる」と、市役所内で記者団に述べたというが、全くその通りである。

この問題は、反日左翼系マスメディアの常套手段である「悪意有る誤報」に
依って生起させられた、謀略的な騒動に過ぎない。
「ナチス発言」などと、マスメディアの印象操作丸出しの名付けをした上、
悪意ある誤報を海外に流し、それに反応した海外マスメディアの誤解に基づく
批判記事を逆輸入しては、安倍政権を揺さ振る強力な武器に仕立て上げる。
外国勢力の圧力を借りて、自国の政権を打倒し、己ら左翼勢力が権力の座に
就こうとするのは、当に第4インター由来の薄汚いお家芸である。
反日左翼の雄、朝日新聞は態々、選りに選って、アメリカのユダヤ人団体
「サイモン・ウィーゼンダール・センター」の批難コメントを頂戴して来ている。


麻生17


麻生太郎副総理の講演内容を吟味してみれば、国内外で大騒ぎするような
問題発言ではないことは一目瞭然であるが、事をややこしくしているのは、
麻生氏がナチスのワイマール憲法無効化の歴史的経緯を誤認為さっておられる
らしいところにある。
最初に「ナチス憲法」という語を目にした時、ありゃ、そんなの有ったかな?
と、私の脳裏に「はてなマーク」がポッカリ浮かんだ。

ワイマール憲法は、第一次世界大戦を経て、ドイツ革命で帝政ドイツが崩壊
した後の1919年に施行された共和制憲法であり、ナチス統治下に在っても、
改正や廃棄されること無く、存続し続けていたはずである。
但し、1933年、ドイツ国会がヒトラー政府に立法権を委譲した「民族及び
国家の危難を除去する為の法律」である「全権委任法(授権法)」の成立に
依って、ワイマール憲法は実質的に効力を失ったということである。


麻生23


7月29日の国家基本問題研究所月例研究会に於ける麻生太郎副総理の発言

「僕は今、(憲法改正案の発議要件の衆参)3分の2(議席)という話が
よく出ていますが、ドイツはヒトラーは、民主主義に依って、きちんとした
議会で多数を握って、ヒトラー出て来たんですよ。
ヒトラーは如何にも軍事力で(政権を)取ったように思われる。
全然違いますよ。
ヒトラーは、選挙で選ばれたんだから。
ドイツ国民はヒトラーを選んだんですよ。
間違わないで下さい。

そして、彼はワイマール憲法という、当時ヨーロッパで最も進んだ憲法下
に在って、ヒトラーが出て来た。
常に、憲法は良くても、そういうことは在り得るということですよ。
ここはよくよく頭に入れておかないといけないところであって、私どもは、
憲法はきちんと改正すべきだとずっと言い続けていますが、その上で、
どう運営して行くかは、かかって皆さん方が投票する議員の行動であったり、
その人たちが持っている見識であったり、矜持であったり、そうしたものが
最終的に決めて行く。

私どもは、周りに置かれている状況は、極めて厳しい状況になっていると
認識していますから、それなりに予算で対応しておりますし、事実、若い人の
意識は、今回の世論調査でも、20代、30代の方が、極めて前向き。
一番足りないのは50代、60代。ここに一番多いけど。
ここが一番問題なんです。私らから言ったら。
何と無く良い思いをした世代。バブルの時代で良い思いをした世代が、
ところが、今の20代、30代は、バブルで良い思いなんて一つもしていない
ですから。記憶ある時から就職難。記憶のある時から不況ですよ。

この人たちの方が、余程喋っていて現実的。
50代、60代、一番頼りないと思う、喋っていて。
俺たちの世代になると、戦前、戦後の不況を知っているから、結構喋る。
しかし、そうじゃない。

しつこく言いますけど、そういった意味で、憲法改正は静かに、みんなで
もう一度考えて下さい。どこが問題なのか。
きちっと、書いて、俺たちは(自民党憲法改正草案を)作ったよ。
ベチャベチャ、ベチャベチャ、色んな意見を何十時間も掛けて、作り上げた。
そういった思いが、我々にある。

その時に喧々諤々、やり合った。30人居ようと、40人居ようと、極めて静かに
対応して来た。自民党の部会で怒鳴り合いも無く。
『ちょっと待ってください、違うんじゃないですか』と言うと、『そうか』と。
偉い人が『ちょっと待て』と。
『しかし、君ね』と、偉かったと言うべきか、元大臣が、30代の若い当選2回
位の若い国会議員に、『そうか、そういう考え方もあるんだな』ということを
聞けるところが、自民党の凄いところだなと、何回か参加してそう思いました。

是非、そういう中で作られた。
是非、今回の憲法の話も、私どもは狂騒の中、ワーッとなった時の中で
やってほしくない。

靖国神社の話にしても、静かに参拝すべきなんですよ。
騒ぎにするのがおかしいんだって。静かに、お国の為に命を投げ出してくれた
人に対して、敬意と感謝の念を払わない方がおかしい。
静かに、きちっとお参りすればいい。

何も、戦争に負けた日だけ行くことはない。
色んな日がある。大祭の日だってある。
8月15日だけに限っていくから、また話が込み入る。
日露戦争に勝った日でも行けって。
と言ったお陰で、えらい物議を醸したこともありますが。

僕は4月28日、昭和27年、その日から、今日は日本が独立した日だからと、
靖国神社に連れて行かれた。
それが、初めて靖国神社に参拝した記憶です。
それから今日まで、毎年1回、必ず行っていますが、ワーワー騒ぎになった
のは、いつからですか。

昔は静かに行っておられました。各総理も行っておられた。
いつから騒ぎにした。マスコミですよ。いつの時からか、騒ぎになった。
騒がれたら、中国も騒がざるを得えない。韓国も騒ぎますよ。
だから、静かにやろうやと。
憲法は、ある日気付いたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に
変わっていたんですよ。だれも気付かないで変わった。
あの手口学んだらどうかね。

ワーワー騒がないで。
本当に、みんないい憲法と、みんな納得して、あの憲法変わっているからね。
是非、そういった意味で、僕は民主主義を否定する積もりは全くありませんが、
しかし、私どもは重ねて言いますが、喧噪の中で決めて欲しくない」


麻生6


麻生太郎副総理のこのスピーチの立論には、論理整合性に欠ける箇所がある。
文脈からして、真意は「静かに」「喧噪の中で決めて欲しくない」という意味
であるにも拘わらず、「あの手口学んだらどうかね」の箇所で、クルッと論旨
が捩れている。
これは麻生氏が「ある日気付いたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法
に変わっていた」と事実誤認されておられることに由来するものであろう。
ナチスの「手口に学ぶ」としたら、そもそも憲法改正遂行の必要は無いのである。


麻生19


麻生太郎副総理「ナチス憲法発言」撤回に寄せたコメント

「7月29日の国家基本問題研究所月例研究会に於ける私のナチス政権に関する
発言が、私の真意と異なり誤解を招いたことは遺憾である。

私は、憲法改正については、落ち着いて議論することが極めて重要であると
考えている。
この点を強調する趣旨で、同研究会に於いては、喧騒に紛れて十分な
国民的理解及び議論の無いまま進んでしまった悪しき例として、
ナチス政権下のワイマール憲法に係る経緯を挙げたところである。
私がナチス及びワイマール憲法に係る経緯に就いて、極めて否定的に捉えて
いることは、私の発言全体から明らかである。
但し、この例示が、誤解を招く結果となったので、ナチス政権を例示として
挙げたことは撤回したい」


麻生&中川


麻生太郎副総理の発言撤回のコメントに、「悪しき例として、ナチス政権下の
ワイマール憲法に係る経緯を挙げた」とあるが、それは正しくない。
29日のスピーチを日本語文法上、正しく解釈すれば、「誰も気付かぬ内に、
静かに変わった」という良い例示として、ナチスドイツを挙げられていること
は明らかである。
しかし、麻生太郎副総理の講演内容全体として、批難されるべきものではない。
普段は「言論の自由」を強調する反日左翼のマスメディアが、政治家の自由な
発言を封殺するような真似は止した方が良い。
政治家の発言内容が反日左翼のマスメディアの悪意の下に歪曲、曲解されて、
報道されることに依って、政治家が保身の為に事なかれ主義で発言を控えれば、
日本国憲法下の主権在民とやらで、主権者たる有権者が選んだ政治家が一体、
何をどう考えているのか、分からなくなるようでは、それこそ民主主義の根幹
に関わる由々しき問題と成る。
ナチス政権の例示を撤回されたのであるから、これ以上騒ぐ必要は更々無い。


麻生10


それにしても、ドイツ紙が「日本の財務相がナチス時代を肯定的に捉える
発言をして、国際的な怒りを買った」と報じ、中国外務省は、「日本が今後、
何処に進むのかに就いて、アジア周辺国や国際社会に関心と警戒を引き起こし
ている」と、韓国外務省は、「このような発言が、過去に日本帝国主義に依る
侵略の被害に遭った周辺国の国民にどのように映るのかは明白だ」との小賢しく
生意気な談話を発表するなど、日本の憲法改正問題という国内問題に対する
内政干渉も甚だしい限りである。

麻生太郎氏は現代の日本政界に必要な政治家であると、私は考えている。
公明党だの、民主党だの、頭数は揃っていても、中国派、韓国派の売国奴
もどきばかりで、麻生太郎氏に匹敵するような有為な愛国的政治家は一人と
して居ないではないか。
反日左翼のマスメディアが麻生氏の失脚を一所懸命画策していることこそが、
麻生氏が日本政界に必要な愛国者であることの証である。
麻生政権下、「弥栄」を「いやさか」と読めずに「いやさかえ」と読んだとか、
「未曾有」を「みぞう」と読めずに「みぞうゆう」と読んだとか、高級ホテル
で高い酒を毎晩飲んでいるの、カップラーメンの値段を知らなかったの、
馬鹿だチョンだと散々扱き下ろして、国民を扇動していたが、実際には成立
させた法案や経済危機に対処した実績からして、麻生内閣はなかなかどうして、
出来の良い内閣であったと言える。

いわゆる失言の多い政治家であり、南京事件やら、日韓併合やら、創氏改名やらに
関する発言が騒動に成ったこともあったが、意外にもと言っては失礼であるが、
日本の近現代史に就いての認識は正当なもので、事の本質は把握しておられる
ように見受けられる。
どうしてもお人柄が軽薄に見られがちのようであるが、あのガハハハ!という
豪快な笑い方に象徴される楽天的な明るさが好い。

麻生太郎副総理もまた、安倍晋三総理同様、活躍される政治家に多い相当の
凶運持ちであるが、中川昭一氏亡き後、安倍内閣を強力に補佐出来る政治家は
今のところ、麻生氏しか居ない厳しい状況なのであるから、閣僚辞任、議員辞職
の必要など断じて無い。

麻生副総理 靖国参拝




風刺画 マスメディア








スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kannoeizan.blog111.fc2.com/tb.php/412-c6d6b26b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫