華やぐ日々よ …詠山史純の愚考拙文録 靖国神社四方山話① …洒落臭ぇ!アメリカ国務省の「失望」談話発表

靖国神社四方山話① …洒落臭ぇ!アメリカ国務省の「失望」談話発表

靖国神社四方山話① 
…Good job!安倍晋三総理大臣の靖国神社参拝


洒落臭ぇ!アメリカ国務省の「失望」談話発表




12月26日午前、安倍晋三総理大臣が東京都千代田区の靖国神社に参拝された
ことに対し、同日午後、在日アメリカ合衆国大使館は、「アメリカ合衆国は政府は
失望している」とする声明を発表した。

声明文には、「日本は大切な同盟国であり、友好国である。
しかしながら、日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を
取ったことに、アメリカ合衆国政府は失望している」
「アメリカ合衆国は、日本と近隣諸国が、過去からの微妙な問題に対応する
建設的な方策を見い出し、関係を改善させ、地域の平和と安定という共通の
目標を発展させる為の協力を推進することを希望する。
「アメリカ合衆国は、首相の過去への反省と日本の平和への決意を再確認する
表現に注目する」とある。      (アメリカ合衆国大使館HP依り)


また、アメリカ合衆国国務省のサキ報道官も26日、「日本は大切な同盟国だが、
日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに
アメリカ合衆国政府は失望している」と、在日アメリカ合衆国大使館が発表
した声明と同じ内容の談話を発表した。


安倍総理 靖国神社参拝
可愛い拍手ぱち2


我が国の実質的な敗戦国状態の継続を望むアメリカ合衆国政府からして見れば、
「戦後レジームからの脱却」(戦後社会体制からの脱却)を標榜し、日本国の
真の独立国への大転換を意図する安倍晋三総理大臣の存在は、邪魔者以外の
何者でもない。
日本国政府も「アメリカ合衆国政府には失望している。ほとほと愛想が尽きた」
との声明を発表してやれば良いのである。
アメリカ合衆国は、日本の同盟国ということになっているが、歴史的経緯からして、
この関係を譬えれば、聡明で気立ての良い美女を強姦し捲くった、低能でフニャチンの
荒くれ男が彼女の家に居座り、勝手に亭主の座に収まっているようなものである。
好機さえ訪れれば、こんな馬鹿男とは上手に別れ、他人になりたいと願うのは、
当然の理である。


昭和20年(1945年)の敗戦で、我が国は連合国軍に占領され、名目上は間接統治の
形態を取りながらも、実質的には極東委員会、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の
直接統治の管理下に置かれた。

連合国の中核を為したアメリカ、イギリスは、対ドイツ占領政策に当たっては、
「ドイツ民族は本来、優秀な民族であるが、ナチ党の政治指導に依って、国策を
誤ったのであって、本来のドイツ文化を復興させる」との態度で臨んだが、
対日占領政策では、「日本という国も日本人も得体の知れない化け物であるから、
軍隊は元より日本の国体、つまり天皇と臣民の関係から皇族の弱体化や、
日本の伝統文化、神道から歴史教育、家族制度、土地制度に至る、何から何まで
徹底的に解体させる」という強い意志の下に、極端に社会主義的な政策を取り、
焚書という前近代的な蛮行まで行なった。
靖国神社は進駐当初、更地にする計画であったが、それどころか、全ての神社
という神社を地上から抹殺させる意見まで挙がっていたのである。


GHQ民間情報教育局(CIE)は日本の占領政策で、WGIP(ウォー・ギルト・
インフォメーション・プログラム)と呼ばれるプロパガンダ計画を遂行し、
「アメリカは正義の国、日本は極悪非道な国」「アメリカは民主主義の国、
日本は軍国主義の国」「都市の無差別爆撃も原爆投下も何もかも自業自得で、
アメリカに文句も言えないほど、全て日本が悪かった」「軍国主義者が悪かった」
「国家神道が悪かった」「アメリカは軍国主義の国日本に、民主主義を齎して
くれた、有り難い、立派な正義の国」「日本は何から何まで駄目な国」という
自虐史観を、敗戦で失意のどん底に在った日本人の心に植え付けた。



明治大帝の御製 靖国神社
明治大帝御製 可愛い拍手


アメリカ合衆国は、平然と国際法違反を犯す国家である。
ハーグ国際陸戦法条約の第三款「敵国の領土における軍の権力」
第43条に、「国の権力が事実上、占領者の手に移った上は、占領者は絶対的な
支障がない限り、占領地の現行法律を尊重し、なるべく公共の秩序及び生活を
回復確保する為、施せる一切の手段を尽くさなければならない」とあり、
第46条には、「家の名誉及び権利、個人の生命、私有財産並びに宗教の信仰
及びその遵行を尊重しなければならない。私有財産は没収できない」とあり、
占領軍の「宗教に対しての干渉」を違法として、禁じている。


昭和20年(1945年)12月15日、GHQは「ハーグ国際陸戦法条約を守る」と
言明していたにも拘わらず、「国家神道、神社神道ニ対スル政府ノ保証、支援、
保全、監督並ニ弘布ノ廃止ニ関スル件」という表題の指令、略称「神道指令」
を「日本国政府宛覚書」として発し、越権の宗教干渉を強行した。


そもそも、GHQは本国で相手にされないニューディラー(社会主義者)の
吹き溜まりであったとの悪評があり、特に日本国憲法の総司令部案を起草した
GHQ民生局(GS)などはソ連のスパイの巣窟であったと後日、判明している。
何よりも許し難いのは、神道指令を起草した、GHQ民間情報教育局(CIE)の
宗教局長W・K・バンズには、「神道の何たるか」、「神社神道の何たるか」、
「国家神道の何たるか」という知識が全く無かったにも拘わらず、10月23日
に書かれた第1次草案から第6次草案まで、僅か6週間という拙速の作業で、
日本の民族精神の根幹に関わる神道に干渉する指令を完成させたことである。


尤も、日本国憲法の総司令部草案に至っては、GHQ民生局(GS)が6日間の
拙速作業で完成させたのであるが。 


有楽町を行進する進駐軍
有楽町を行進する進駐軍  

 大和民族を舐めんじゃねぇ!日米安全保障条約を即時破棄してやる!ヤンキー ゴー・ホーム!



陸軍特攻誠第119飛行隊
陸軍特攻 誠第119飛行隊の遺影。 台湾桃園航空基地にて。 
昭和20年4月22日午前8時半頃、出撃1時間半前の写真。
少年飛行兵出身14名の搭乗員達。
特攻散華を目前にしていながら、護国の覚悟に輝くばかりの笑顔を見せる、
18歳から19歳の天晴れな日本男児達。 泣きまくり

(西村真悟衆議院議員のHP依り、拝借)


岩手県北上市展勝地
岩手県北上市展勝地の見事な桜並木 愛おしいなぁ


少なくとも江戸時代からの日本人の子孫である大和系日本人であるならば、
偽論である東京裁判史観、自虐史観に惑わされることなく、先祖への尊崇の念と
祖国への愛念を胸に抱きつつ、真摯に正視眼的に祖国の近現代の歴史的事実に
向き合うべきではないのか。










スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2013/12/28 05:47 | 歴史随想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |