華やぐ日々よ …詠山史純の愚考拙文録 社名(商号)変更の歴史夜話①…カルピス㈱

社名(商号)変更の歴史夜話①…カルピス㈱

社名(商号)変更の歴史夜話①

…カルピス㈱



我が国では1980年代、社名(商号)を変更する企業が急激に増加した。
「早稲田商学」357号(1993年7月)所収論文「社名変更に対する株式市場の反応」
の研究に依れば、「1981年4月から1992年3月までに,東証1部上場企業で
社名を変更した企業は175社に及ぶ」とのことである。

企業は様々な理由で、社名を変更する。
社名変更の主な理由としては、「事業の多角化や業態の変更、事業領域の拡大」、
「合併や吸収」、「略称や通称への変更」、「ブランド名への変更」、「イメージ刷新」、
「系列や傘下入り」等が挙げられる。
何れにせよ、企業は経営全般の革新、イメージの向上、社内の活性化など、
何らかのプラス効果を期待し、社名変更を行なうはずである。

相と実体は相関関係にあり、人物の名相にその後天運が暗示されている様に、
会社名(法人名、商号、屋号)の名相にも、その企業の栄枯盛衰の有り様が
暗示されている。
不思議なもので、成功する企業は自ずと吉祥名を選定する様になっている。



カルピス㈱
大正5年(1916年) 醍醐味合資会社を設立。
大正6年(1917年) ラクトー株式会社設立。
大正8年(1919年) 日本初の乳酸菌飲料「カルピス」を発売。
大正12年(1923年)カルピス製造株式会社に商号変更。
昭和23年(1948年)カルピス食品工業株式会社に商号変更。
平成9年(1997年) カルピス株式会社に商号変更。


第23記事2
カルピス㈱HPより、画像を拝借。
大正8年(1919年) 日本初の乳酸菌飲料「カルピス」を発売。400ml 1円60銭



カルピス㈱HP「社史」創業期(1916年~)の「『カルピス』の命名」の項に、
(以下、引用)
《「カルピス」の命名にあたり、牛乳に含まれるカルシウムから“カル”を、
“ピス”はサンスクリット語からとりました。
仏教では、乳・酪・生酥・熟酥(サルピス)・醍醐(サルピルマンダ)を
五味といいます。
五味の最高位の醍醐からとると“カルピル”となり歯切れが悪いため、
次位の熟酥サルピスからとり「カルピス」と考えました。
音声学の権威である山田耕筰のところに伺い、「カルピス」の音声について
相談したところ、山田は、『「カルピス」は、Ca-lu-pi-suの4シラブル(音節)ではない。
Cal-pis、すなわち、アの母音とイの母音の2つのシラブルである。
アの母音は明るく開放的、積極的である。人間が口を開いた形。イの母音は、
消極的で口を閉じた形である。しかし堅実である。
カルピスなる音は非常に発展性のある名前である』と述べました。
サンスクリットの権威である渡辺海旭に、サルピスのピスからとっているが、
醍醐味といって差し支えないか相談をしたところ、「カルピス」という命名には
大賛成で、美味の点で醍醐味といって差し支えないと断言してくれました。
こうして、「カルピス」と命名されました》との解説がある。


第23記事1
大正13年(1924年)、第一次大戦後の疲弊した独仏伊三国の画家を援助する
目的で開催された「カルピス国際懸賞ポスター展」の第3位入賞作。
(ドイツ人デザイナー、オットー・デュンケルスビューラー氏の作品)
キャッチコピーの「滅法界に美味い」との正しい言葉遣いには、
如何にも古き時代を感じさせられる。


大般涅槃経巻第十四に「譬如從牛出乳 從乳出酪 從酪出生蘇 從生蘇出熟蘇
從熟蘇出醍醐 醍醐最上」
(牛より乳を出し、乳より酪《らく》を出し、酪より生蘇《しょうそ》を出し、
生蘇より熟酥《じゅくそ》を出し、熟酥より醍醐《だいご》を出す、醍醐は最上なり)
(文責在詠山史純)と、「五味相生の譬(ごみそうしょうのたとえ)」と称される
譬えの記述があり、創業者の三島海雲氏は、浄土真宗本願寺派水稲山
教学寺の住職のご子息で、13歳で得度されているとのことであるから、
五味の最高位である「醍醐味」に拘りを持たれたのであろう。



スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2016/12/05 01:45 | 企業運命学COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |