華やぐ日々よ …詠山史純の愚考拙文録 社名(商号)変更の歴史夜話㊵…コクヨ㈱

社名(商号)変更の歴史夜話㊵…コクヨ㈱

社名(商号)変更の歴史夜話㊵

…コクヨ㈱



我が国では1980年代、社名(商号)を変更する企業が急激に増加した。
「早稲田商学」357号(1993年7月)所収論文「社名変更に対する株式市場の反応」
の研究に依れば、「1981年4月から1992年3月までに,東証1部上場企業で
社名を変更した企業は175社に及ぶ」とのことである。

企業は様々な理由で、社名を変更する。
社名変更の主な理由としては、「事業の多角化や業態の変更、事業領域の拡大」、
「合併や吸収」、「略称や通称への変更」、「ブランド名への変更」、「イメージ刷新」、
「系列や傘下入り」等が挙げられる。
何れにせよ、企業は経営全般の革新、イメージの向上、社内の活性化など、
何らかのプラス効果を期待し、社名変更を行なうはずである。

相と実体は相関関係にあり、人物の名相にその後天運が暗示されている様に、
会社名(法人名、商号、屋号)の名相にも、その企業の栄枯盛衰の有り様が
暗示されている。
不思議なもので、成功する企業は自ずと吉祥名を選定する様になっている。



コクヨ㈱

明治38年(1905年)、黒田善太郎氏が個人商店「黒田表紙店」を設立。

明治41年(1908年)、和式帳簿の製造を開始。

大正2年(1913年)、洋式帳簿の製造を開始。

大正3年(1914年)、「黒田国光堂」に改称。

大正6年(1917年)、「国誉」を商標登録。

昭和13年(1938年)、「合名会社黒田国光堂」を設立。

昭和24年(1949年)、コクヨ商店、東京国誉商店、西部コクヨ商店を合併し、
「株式会社黒田国光堂」を設立。

昭和36年(1961年)、「コクヨ株式会社」に社名変更。


第70記事1
黒田表紙店


「コクヨ」の名称は、「国の誉れ」を意味する「国誉(こくよ)」に由来する。
この「国誉」の「国」とは本邦を指すのではなく、創業者黒田善太郎氏の
故郷である越中富山を指すものであるという。
功名を立て、立身出世しようとの青雲の志を抱き、故郷を後にしたであろう
黒田善太郎氏の青年期の日々を彷彿させるネーミングではないか。
それにしても、漢字の「国誉」とカタカナの「コクヨ」では、同じ音韻でも、
随分とイメージが異なるものである。
カタカナの「コクヨ」にしたことで、気負いの念が冥伏されたことになる。


第70記事2
「国誉」のロゴマーク



スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2017/06/10 00:43 | 企業運命学COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |