華やぐ日々よ …詠山史純の愚考拙文録 甚だ気になる漢字「官」の誤用①…指揮官,教官,警察官,消防官, etc.

甚だ気になる漢字「官」の誤用①…指揮官,教官,警察官,消防官, etc.

甚だ気になる漢字「官」の誤用①

…指揮官,教官,警察官,消防官, etc.



スポーツ記事等で、記述者が野球やサッカーのチームの監督を「指揮官」と
表現する文章をよく見掛ける。
殊に、剽軽気味で軽妙なタッチの文章が好まれるのか、スポーツ紙の記事では、
成績好調な野球チームで出塁率の高いトップバッターを「斬り込み隊長」で
あるとか、絶対的な抑えのピッチャーを「守護神」と表現するのであるから、
比喩として、チームの指揮を執る監督を、国軍や警察の部隊の「指揮官」に
擬えて表現することは理解出来る。
しかし、記述者がこの「指揮官」との表現を飽くまでも「比喩」であるとは、
充分に自覚した上での執筆ではないのではなかろうかと思われる文章も多い。


第92記事1


言うまでもなく、漢字「官」とは、「官に就く」、「官を辞す」との言語表現が
ある様に、「役所」「官庁」「公務」「役人」「官吏」「公」「朝廷」「政府」等を
意味し、「身分の高い役人」の意味であれば、対義字は「吏(身分の低い役人)」
であり、「公」「行政機関」の意味であれば、対義語は「民」である。

「指揮官」に就いて言えば、スペイン語で「コマンダンテ・チェ・ゲバラ」
(チェ・ゲバラ司令官)という呼称があるが、キューバ軍のチェ・ゲバラ少佐の
立場である時は確かに「指揮官」「司令官」であるが、政権を奪取するキューバ
革命以前、或いはキューバを去り、ボリビア政府軍と戦った、ゲリラ隊長としての
チェ・ゲバラに、官吏としての意味を持つ「指揮官」「司令官」を冠するのは、
日本語としては正しくない。
軍隊に於いて、「指揮官」とは「国軍」「政府軍」の部隊指揮者を意味する。
国家を持たぬ反政府軍の指揮者を「指揮官」と呼称するのは誤りである。


第92記事2
※画像は、イラスト素材無料提供サイト「イラスト・ポップ」様依り、拝借。


また、民間企業の経営者や管理職に対しても、「指揮官」と比喩表現することがある。
指定自動車教習所の指導員をみなし公務員と認識している所為か、「教官」と
呼称したり、民間企業の採用面接の担当者を「面接官」と呼称したりする等は、
ごく当たり前のことと成っている様であるが、実に奇妙な言葉遣いである。

漢字「官」の意味を厳密に捉えれば、「警察官」、「消防官」の語ですら誤用と言える。
我が国の警察機構は、昭和29年(1954年)の警察法改正で、国家の警察行政
機関として、内閣総理大臣の所轄の下、国家公安委員会が管理監督する警察庁と、
各都道府県警察に警察本部(東京都は警視庁)が設置され、今日に至っている。
都道府県警察は、都道府県公安委員会の管理下に置かれる都道府県の機関で
あることから、その職員は地方公務員であり、官吏ではなく、公吏である。
従がって、本来は都道府県警察の職員を「警察官」と呼称するのは正しくない。
但し、都道府県警察の職員の内、警視正以上の階級にある職員は「地方警務官」
として、国家公務員であるから、正に「警察官」である。

現在、都警察である警視庁が、高度な専門的知識や技術を有する「特別捜査官」を
募集している。
その募集要項には、「財務捜査官」「科学捜査官」「サイバー犯罪捜査官」を
幹部警察官として登用するとあるが、本来であれば、その階級が警視正以上の
「地方警務官」でなければ、国家公務員ではなく、「捜査官」と「官」の文字を
用いるのは正しくない。


第92記事3
※画像は、イラスト素材無料提供サイト「素材のプチッチ」様依り、拝借。


「消防官」の呼称もまた然り。
平成13年(2001年)の中央省庁再編に依り、消防庁は総務省の外局と相成った。
総務省消防庁の職員は国家公務員であるから、官吏である。
我が国の消防組織は、市町村単位の体制で、自治体消防(市町村消防である。
東京都の場合は、東京消防庁が島嶼地域と多摩地域の一部(稲城市)を除く、
東京都のほぼ全域の消防防災業務を担っている。
従がって、自治体消防の職員は地方公務員の消防吏員であって、「消防官」と
呼称するのは正しくない。


因みに、地方自治体の公務員が、予算や補助金を巡る協議・折衝の際、有利に
事が運ぶ様に、公費を用いて中央省庁の官僚に飲食等の持て成しを行うことを
「官官接待」と表現するが、官吏同士の接待ではなく、官吏と公吏間の行為で
あるからして、これは本来、「官公接待」と表現すべきである。


第92記事4 

漢字「官」の乱用の甚だしき言語状況には、実に驚くべきものがある。



スポンサーサイト

テーマ : 漢字 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2017/07/02 16:03 | 現代社会雑感COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |