スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

甚だ気になる漢字「官」の誤用②…神官

 2017-07-12
甚だ気になる漢字「官」の誤用②

…神官



私たち日本人でも、神社をお護りする神職員を何とお呼びしたら良いものか、
神主(かんぬし)さん、或いは宮司(ぐうじ)さんとお呼びするのは正しいので
あろうかと迷うことはなかろうか。
「神主」には「神憑りに於いて、ご神意を人に伝える媒介者」との意味合いがあり、
「宮司」は「神社の長(おさ)」という職階を意味し、神社の規模に依っては、
宮司の許に「権宮司(ごんぐうじ)」「禰宜(ねぎ)」「権禰宜(ごんねぎ)」等の
職階の方々が居らっしゃる。
従がって、神社で神々にお仕えする職員を総称して、「神職(しんしょく)」と
お呼びするのが適当であろうと思われる。
この神職の呼称に関して、私が極めて驚くべき現象であると考えるのが、
「神官(しんかん)」という呼称が現在でも用いられていることである。


第92記事1


律令体制下に在った我が国の古代、7世紀頃から、朝廷の宮中祭祀や神社の管理は
「神祇官(じんぎかん)」という官庁の高級官僚に依って行なわれていた。
長官である神祇伯、次官相当の神祇副、その下位に神祇祐、神祇史、伴部
(神部、卜部)等の役職が置かれていた様であるが、これ等の祭祀貴族は
当に「神官」であった。

因みに、「神祇」とは「天神地祇(てんじんちぎ)」の略で、「神」は天津神
(あまつかみ)である「天神」を、「祇」は国津神(くにつかみ)である「地祇」
を表わし、全ての神々を意味する。


平安時代にまで時代を遡るが、神社にはそれぞれ、定められた社格(神社の格式)と
いうものがある。
朝廷から幣帛(へいはく=神への捧げ物)が奉献される神社を「官社」と称し、
その内、神祇官が管轄する神社が「官幣社(かんぺいしゃ)」で、国司(中央から
派遣された地方の行政官)が管轄する神社を「国幣社(こくへいしゃ)」と称する。
平安時代に定められた「延喜式神明帳」に依れば、神祇官管轄下の官幣社は
573社、国司管轄下の国幣社は2288社、計2861社の官社が在った。
因みに、この延喜式神明帳に記載された2861社の神社を「式内社(しきないしゃ)」と称する。
当然の事ながら、我が国第一の宗廟たる神宮(伊勢神宮の正式名称は「神宮」である)は
天下無双の聖地、最高位の神社として、別格扱いである。


第93記事2平城宮跡第一次太極殿正殿
平城宮跡第一次太極殿正殿
※ 画像は、文化庁様のHP依り、拝借。


明治元年(1868年)、明治維新で新政権を樹立した明治政府は、神仏分離令を布告。

明治2年(1969年)、明治新政府は、神道を国家統合の精神的支柱にすべく、
古代に於いて、朝廷の宮中祭祀や神社管理を司っていた神祇官制度を約1000年振りに
復活させた。

明治4年(1871年)、官職のトップに在った神祇官を廃止し、太政官所管の
神祇省とした。

明治5年(1872年)、神祇省を半年で教部省と改称。

明治15年(1881年)、明治政府に依り、神官は祭祀以外の一切の宗教活動を
禁じられる。
神道は宗教を超えた、民族の伝統精神の根幹として、神社神道は国家の宗祀と
位置付けられ、内務省の管轄下に置かれた。所謂、国家神道なるものである。

国家管理体制下の神社は、社格を「官社(官幣社、国弊社)」と「諸社(府県社、
郷社、村社、無格社)」に分類された。

全ての神社は国家及び地方公共団体の管理下に置かれ、官社は神祇官の管轄下、
「民社」である諸社は地方官の管轄下に在り、官社の神職は国家公務員、諸社の
神職は地方公務員扱いであった。
従がって、官社に奉職する神職は、当に「神官」と称すべき存在であった。


第93記事1


大東亜戦争敗戦の年、昭和20年(1945年)の12月、占領軍のGHQ(連合国軍
最高司令官総司令部)の命令、「国家神道、神社神道ニ対スル政府ノ保証、支援、
保全、監督並ニ弘布ノ廃止ニ関スル件」(所謂、神道指令)に依って、国家管理の
神社制度が崩壊。
こうした経緯から、神社は国家管理から解き放たれ、一般の宗教法人として、
扱われることになった。
従がって、昭和20年(1945年)12月以降の我が国には、「神官」は一人として
存在しないのである。

戸籍法 第十五節「氏名の変更 」第百七条の二に、
「正当な事由によつて名を変更しようとする者は、家庭裁判所の許可を得て、
その旨を届け出なければならない」とある。
家庭裁判所が、この名の変更の許可要件である「正当な事由」を判定する場合、
「昭和23年1月31日民甲第37号最高裁民事部長回答」が現在でも有効であるが、
この中で挙げられている具体例の一つに、「『神官』若しくは僧侶となるため、
又はこれを辞めるために名の変更が必要であること」という記述がある。
この最高裁判所民事部長の回答は、昭和23年(1948年)1月に示されたものであり、
GHQの神道指令が発令され、国家管理の神社制度が崩壊し、「神官」と称すべき
神職が存在しなくなった、昭和20年(1945年)12月以降の文書である。
「神官」という言葉は、法律用語に厳正である法曹界の秀才でさえもが、
ついうっかり用いてしまう程に誤用が多い。
最近では、或る国会議員の「〇〇神社の神官が云々」との発言を聞いて、
驚き入った次第である。


第92記事4 

漢字「官」の乱用の甚だしき言語状況には、実に驚くべきものがある。


スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kannoeizan.blog111.fc2.com/tb.php/709-62ae0a50
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。