スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

日系二世部隊に最高位の米議会名誉黄金勲章

 2010-10-10
日系二世部隊に最高位の米議会名誉黄金勲章



2010年10月5日、ホワイトハウスはオバマ大統領は、
第2次世界大戦で祖国アメリカ合衆国に忠誠を尽くし、英雄的な戦いで
殊勲を挙げた日系二世部隊に議会名誉黄金勲章(議会金章・議会金メダル)を
授与する法案に署名したと発表した。



議会名誉黄金勲章(Congressional Gold Medal)は、
アメリカ合衆国議会が国内外の文民に授与する最高位の賞である。
アメリカ独立直後に制定された最も古い勲章の一つで、格式は
大統領自由勲章と並び、アメリカ合衆国最高のものとされている。
両者の主な違いは、自由勲章がアメリカ合衆国大統領が個人として
授与するものであるのに対し、黄金勲章がアメリカ合衆国議会の
名に於いて授与されることである。
日本語訳では「議会名誉黄金―」だが、英語の正式名は、
「議会金章」である(名誉「honorable」の語はない)。



式典にはハワイ出身のダニエル・イノウエ上院議員など、
存命の元部隊兵士が出席した。

授章理由について法案は、日系2世部隊の第100歩兵大隊と
第442連隊戦闘団の功績を讃え、「(日系兵士達は)米国内で
人種差別と戦い、国外ではファシズムと戦って勇敢さと
国家への献身を示した」としている。

442連隊は、フランスのボージュ山地で包囲されていたテキサス大隊
211名を救出する為に、連隊の日系二世兵約800名もの死傷者を
出すほどの激戦を戦い抜いて救出した功績など、アメリカ陸軍史上、
最強の部隊として知られる。



イノウエ議員は1945年に少尉として小隊を率い、
イタリア戦線で戦ったが、この時の負傷で右腕を失った。
これまでに名誉勲章、青銅星章、名誉負傷章などを受章している。

ハワイ出身のダニエル・アカカ上院議員は、
「日系米国人が民族性のみを理由に不当に抑留される中、
この勇敢な男たちはわが国を守るために志願した。
その勇気は戦争の勝利のみならず、より寛大で公正な国家への道を
開く役割を果たした」との談話を発表した。
日系米国人団体「全米日系米国人記念財団」は、今回の授章決定について、
「長い間待ち望んだ喜ばしい日」
と声明を発表した。

進撃

因みに、ハリウッドでも活躍されている俳優の渡辺謙氏が、
第442連隊戦闘団を描いた映画『442nd』(原題)で、
初監督をオファーされているそうな。

戦後65年を経た現在でも、祖国の為に身命を賭して戦った
兵士達を合衆国政府が顕彰するのに較べて、我が国では中国や
韓国、台湾などアジア諸国の横槍を恐れて、総理大臣どころか、
代議士や参議院議員までがまともに靖国神社参拝さえしやしない。
愛念の薄い我が国政府の、何と情けないことよ!
外国人には、Not your business!と言ってやれば良いだけなのに。















スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kannoeizan.blog111.fc2.com/tb.php/75-d8f5b5de
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。