華やぐ日々よ …詠山史純の愚考拙文録 祝詞(のりと)とお経

祝詞(のりと)とお経

祝詞とお経





神徒は祝詞(のりと)を奏上し、仏徒はお経を読誦(どくじゅ)する。

祝詞は、「宣り言(のりごと)」「宣り聞かせる言葉」を語源とするようで、
古くは神職がご祭神に対して、その霊力を讃え、祈願するところの成就を願う
言葉を申し上げる「奏上体」の祝詞と、祭祀の場に参集した人々に対して、
神に奏上するその祭祀の意義や目的を宣り聞かせる「宣命体」の祝詞に大別
されたようである。

奈良時代、律令体制が整備された段階で、神に向かって捧げられる言葉は
中国の「祝文」に倣い、総べて「祝詞」と包括されたということであるが、
そもそも、神々の霊力を讃える「タタエゴト」(讃えごと)
願い事の成就を祈る「イハヒゴト」(祝ひごと)
祭儀の前に祓い清める為の「ハラヘコトバ」(祓え言葉)
卜占の結果を文字に表わした「ノリト」(祝詞)
天皇の長寿を讃える「ヨゴト」(寿詞)
葬儀で死者を弔う「シノビゴト」(誄《しのびごと》)と
用途別に呼び名が細分化されていたとのことである。

神道に於いて際立つのは罪や穢れ(けがれ)を清める「禊祓え」
(みそぎはらえ)の思想であろう。
日々の祈りの中でも、祈願を目的としてご神前に奏上する祝詞と祓い清めて
頂く為に唱える「祓詞」(はらえことば)とは一線を画するものである。
祓詞にも、神社や神道教団の流派に依って、その言葉使いや漢字の訓みに
若干の違いはあるものの、本質的な相違ではない。

内宮

「天津祝詞(あまつのりと)」《「禊祓詞」みそぎはらへのことば》

『高天原(たかあまはら)に 神留坐(かむづまりま)す
 神漏岐(かむろぎ) 神漏美(かむろみ)の 詔以(みこともち)て
 皇親神伊邪那岐(すめみおやかむいざなぎ)の 大神(おおかみ)
 筑紫(つくし)の 日向(ひむか)の 橘(たちばな)の 小門(をど)の
 阿波岐原(あわぎがはら)に 禊祓(みそぎはら)へ給(たま)へし時(とき)に
 生坐(あれま)せる 祓戸(はらひど)の 大神等(おおかみたち)
 諸々(もろもろ)の枉事罪穢(まがごとつみけがれ)を 祓(はら)ひ給(たま)へ
 清(きよ)め 給(たま)へと 申(まを)す事(こと)の由(よし)を
 天(あま)つ神(かみ) 国(くに)つ神(かみ) 
 八百万神等共(やほよろづのかみたちとも)に 聞食(きこしめ)せと
 畏(かしこ)み 畏(かしこ)みも 申(まを)す』

この「祓詞」を簡略にしたものが、「略拝詞」(りゃくはいし)である。

『祓へ(はらえ)給へ(たまえ) 清め給へ』
或いは、『祓え給へ 清め給へ 守り給へ 幸栄え(さきはえ)給へ』

自宅などの神棚のご神前で唱える、祈願目的の祝詞には「神棚拝詞」がある。

『此の神床(かむどこ)に坐(ま)す 掛けまくも畏(かしこ)き 
 天照大御神等(あまてらすおおみかみたち)
 産土大神等(うぶすなのおおかみたち)の大前(おおまえ)を
 拝(をろが)み奉(まつ)りて 畏(かしこ)み畏みも 申(もう)さく
 大神等(おおかみたち)の広き厚き御恵(みめぐみ)を
 辱(かたじけな)み奉(まつ)り 高き尊き神教(おしへ)のまにまに 
 直(なお)き正しき真心もちて 誠の道に違(たが)うことなく 
 負(お)ひ持つ業(わざ)に励ましめ給ひ
 家門(いえかど)高く 身健(みすこやか)に 世のため 人のために
 尽くさしめ給へと畏(かしこ)み畏みも 申(まを)す』

このように、神道に於ける祝詞は「やまと言葉」を用い、
ご神前で語り掛けるように奏上する「祈りの言葉」である。
仏経との比較に於いて、私が強調したいのは、神徒はこの大和言葉の
祝詞を唱えて、日本語で祈りを捧げているということである。



「いのる」の「い」は「斎」であり、「のる」は「宣る」であろう。
また、「いのる」は「意乗る」で、「意」を言葉に「乗せて」
神々にお伝えすることであろう。
誠の心から湧き出ずる神聖な言葉を発することに依って、その言葉の霊力、
「言霊」が発揮され、捧げた祈りが現実化して、願いが成就するという
言霊(ことだま)への信仰が「祈り」の根底にある。
つまり、祈りはその内容を言葉にして、口に出すことが肝要なのだと言える。
私は日々、祈りを捧げつつ暮らしているが、神主さんのように朗々と祝詞を
唱えることはないが、自宅でも神社でも、祝詞も祈りの詳細も呟くように、
囁くように口に出して、ご神前で語り掛けている。


一方、仏経は鳩摩羅什(くまらじゅう、クマーラジーヴァ)(350年-409年)
や玄奘(げんじょう)(602年-664年)などの訳経僧(やっきょうそう)が
原典を求めてインドに渡り、持ち帰ったパーリ語やサンスクリット語の経典を
翻訳したものが我が国に齎された。

彼等が仏教の原典を求めて、インドに入った時代、既に仏教は衰退期にあり、
またヒンドゥー教などの影響を受けて大きく変貌を遂げた後でもあり、更に
仏教経典として収集した経典の中に、内容的には異教の経典も有った形跡がある。

我が国の仏教徒の「読経」は、そのパーリ語やサンスクリット語の仏典を
訳経僧達が漢訳つまり「意訳」したものを、そのまま漢音、呉音を織り交ぜて
「音訓み」しているのである。
千数百年の間、我が国の仏教徒が、漢訳された仏典をやまと言葉で読み下して、
読経したことがあるなどとは寡聞にして、私は聞いたことがない。

どの経典を依所として教義を展開したかに依って、宗派が分かれているが、
それぞれ立宗の根拠とする経典を絶対的なものとして大層、有り難がっている
割には、その仏経を和訳して、やまと言葉で読経しようという運動が起こらない
のは至極、不思議なことである。
原典を「意」訳したものを「音」訓みして、その読誦には大変な功徳があると
充分に満足しているのであるから、その「音」自体に意味を見出しているとしか
考えられないのである。 しかし、これは仏教とは言えない気がする。

むしろ、ヒンドゥー教に近いのではないだろうか。
ヒンドゥー教のタントラ教義を取り入れて、ヒンドゥー化した仏教である。
世界観を表現した曼荼羅に向かい、口に呪文(真言、マントラ)を唱え、
手に印契(いんけい)を結び、心に大日如来を思い浮かべる密教の三蜜に
どこの宗派の行法も大なり小なり類似しているのだ。
念仏を唱える浄土宗系にしても、題目を唱える法華宗系にしても、
顕教と自任していながら、自分でも訳の解らないお経を唱え続けて、その功徳
広大無辺と有り難がっているところなど、むしろ呪文に近いものがある。
結局、行法は密教そのものと言えるのだ。



例えば、妙法蓮華経如来寿量品第十六(法華経)

自我得仏来(じがとくぶつらい)所経諸劫数(しょきょうしょこっしゅ)
無量百千万(むりょうひゃくせんまん)憶載阿僧祇(おくさいあそぎ)
常説法教化(じょうせつぽうきょうけ)無数億衆生(むしゅおくしゅじょう)
令入於仏道(りょうにゅうおぶつどう)爾来無量劫(にらいむりょうこう)

なんて、訳の解らない音訓みなどしていないで、
「私が仏になってからというもの、数えきれないほどの永い永い歳月が
 経っている。
 ずっと遠い昔より仏として法を説いてきた。
 そして無数億の数え切れないほどの沢山の者を教化して
 仏道に入らしめた。 そうして、その時以来、無量劫である」と、
日本人なのであるから、やまと言葉で読誦すれば良いではないか。

小難しい顔をして、押し殺したような渋い低声で
「爾時世尊」(にーじーせーそん)なんて唸ってないで、
「その時、世尊は」と素直に唱えれば良いではないか。
「如是我聞」(にょーぜーがーもん)なんて音訓みしていないで、
「私はこのように聞いた」と唱えれば良いのである。
やまと言葉にしてしまったら、勤行の格好が付かない、有り難味が
薄れるとでも思っているのだろうか。



しかも、教勢拡大に熱心な教団は世界百数十カ国にも信者を抱えている
とのことで、アメリカ大陸でもユーラシア大陸でもアフリカ大陸でも
白人も黒人も同様にサンスクリット語原典を漢訳したものを日本式に
音訓みして、「にーじーせーそん」などと唱えているというのであるから、
実に妙ちきりんな話なのである。
極め付けはインド人信者の場合で、私には至極、滑稽な図と感じられる。

「祈り」の本義を突き詰めて考えた時、このことは正に日本仏教界の怠慢と
言えるのではないだろうか。

スポンサーサイト

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2011/01/21 02:14 | 随想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |