日本人が好んだ名前①

大正時代 浅草


日本人が好んだ名前
ベストランキング①


大正時代編(1912~1926)

●大正元年(明治45年 1912年)

「音読」 名前人気ベスト5

男の子    女の子
「まさお」   「まさこ」
「よしお」   「よしこ」
「たけお」   「ふみこ」
「きよし」   「きみ」
「しょういち」 「ちよ」

「漢字」 名前人気ベスト10

男の子    女の子
「正一」    「千代」
「清」     「ハル」
「正雄」    「ハナ」
「正」     「正子」
「茂」     「文子」
「武雄」    「ヨシ」
「正治」    「千代子」
「三郎」    「キヨ」
「正夫」    「静子」
「一郎」    「はる」

明治天皇が59歳で崩御されたのは明治45年7月30日で、「大正」と改元されたので、
大正元年は5ヶ月しかなかった訳であるから、新年号「大正」を反映した名前が多かったとしても、
一年を通した統計には現われ難いはずである。
明治時代に於ける人気名前の統計が残されていないので確証は無いが、
「正一」や「正雄」「正治」「正子」と「正」の文字が多用されたのには、
新年号「大正」の影響があったのかも知れない。

大正、昭和を通じて、「三郎」が「一郎」「二郎」よりも多く、
ベスト10の常連であったことは目を惹く。
三男が居たということは当然、長男も次男も居たはずであるが何故…
と思うと面白いが、これには訳がある。
長男の場合は「一郎」の他に「太郎」と名付けられる場合も多く、
次男の場合は「二郎」の他に「次郎」と名付けられる場合があるが、
「三郎」の場合には「三」に代わる文字が無いことを思えば、当然のことなのである。


●大正5年(1916年)

「音読」 名前人気ベスト5

男の子    女の子
「たつお」   「よしこ」
「よしお」   「としこ」
「まさお」   「まさこ」
「としお」   「きよこ」
「ひろし」   「ふみこ」

「漢字」 名前人気ベスト10

男の子    女の子
「辰雄」    「文子」
「清」     「千代子」
「三郎」    「千代」
「勇」     「清子」
「一郎」    「キミ」
「茂」     「八重子」
「実」     「フミ」
「正雄」    「キヨ」
「秀雄」    「静子」
「辰男」    「貞子」

男の子の名前1位に「辰雄」、10位に「辰男」がランクインしているのは、
この年の干支が丙辰(ひのえたつ)であった為と思われる。
女の子では、「千代」「千代子」の人気が高かったことが目を惹く。
また、男の子の「清」は、時代を通して常に人気が高かったようだ。


●大正10年(1921年)

「音読」 名前人気ベスト5

男の子    女の子
「よしお」   「よしこ」
「ひろし」   「ふみこ」
「まさお」   「としこ」
「としお」   「きよこ」
「きよし」   「きみこ」

「漢字」 名前人気ベスト10

男の子    女の子
「清」     「文子」
「三郎」    「千代子」
「茂」     「清子」
「勇」     「久子」
「博」     「芳子」
「一郎」    「静子」
「実」     「幸子」
「弘」     「美代子」
「正」     「敏子」
「正雄」    「愛子」

男の子の名前で、一字名が好まれる傾向が顕著になって来たようだ。
女の子の名前では、「幸子」「愛子」の登場が目を惹く。


●大正15年(1926年 昭和元年)

「音読」 名前人気ベスト5

男の子    女の子
「ひろし」   「よしこ」
「よしお」   「としこ」
「としお」   「てるこ」
「まさお」   「ふみこ」
「きよし」   「きよこ」

「漢字」 名前人気ベスト10

男の子    女の子
「清」     「久子」
「勇」     「幸子」
「博」     「美代子」
「実」     「照子」
「茂」     「文子」
「三郎」    「和子」
「弘」     「信子」
「正」     「千代子」
「進」     「光子」
「一男」    「貞子」

大正天皇は大正15年12月25日に崩御されているので、昭和元年は一週間しか無く、
新年号「昭和」の文字の影響が出るのは、翌年の昭和2年以降のこととなる。
女の子の名前では、「美代子」「和子」の登場が目を惹く。
男の子の名前では「勇」「進」など、勇ましい名前の人気が上がって来たようだ。
また、一字名が好まれる傾向が更に顕著になって来た。







スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP