華やぐ日々よ …詠山史純の愚考拙文録 企業運命学

社名(商号)変更の歴史夜話(52)…㈱クラレ

社名(商号)変更の歴史夜話(52)

…㈱クラレ



我が国では1980年代、社名(商号)を変更する企業が急激に増加した。
「早稲田商学」357号(1993年7月)所収論文「社名変更に対する株式市場の反応」
の研究に依れば、「1981年4月から1992年3月までに,東証1部上場企業で
社名を変更した企業は175社に及ぶ」とのことである。

企業は様々な理由で、社名を変更する。
社名変更の主な理由としては、「事業の多角化や業態の変更、事業領域の拡大」、
「合併や吸収」、「略称や通称への変更」、「ブランド名への変更」、「イメージ刷新」、
「系列や傘下入り」等が挙げられる。
何れにせよ、企業は経営全般の革新、イメージの向上、社内の活性化など、
何らかのプラス効果を期待し、社名変更を行なうはずである。

相と実体は相関関係にあり、人物の名相にその後天運が暗示されている様に、
会社名(法人名、商号、屋号)の名相にも、その企業の栄枯盛衰の有り様が
暗示されている。
不思議なもので、成功する企業は自ずと吉祥名を選定する様になっている。



㈱クラレ

大正15年(1926年)、大原孫三郎氏が「倉敷絹織株式会社」を設立。

昭和18年(1943年)、「倉敷航空化工株式会社」に社名変更。

昭和20年(1945年)、再度、「倉敷絹織株式会社」に社名変更。

昭和24年(1949年)、「倉敷レイヨン株式会社」に社名変更。

昭和45年(1970年)、「株式会社クラレ」に社名変更。


第83記事1



テーマ : 歴史雑学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2017/06/11 16:22 | 企業運命学COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

社名(商号)変更の歴史夜話(51)…シャープ㈱

社名(商号)変更の歴史夜話(51)

…シャープ㈱



我が国では1980年代、社名(商号)を変更する企業が急激に増加した。
「早稲田商学」357号(1993年7月)所収論文「社名変更に対する株式市場の反応」
の研究に依れば、「1981年4月から1992年3月までに,東証1部上場企業で
社名を変更した企業は175社に及ぶ」とのことである。

企業は様々な理由で、社名を変更する。
社名変更の主な理由としては、「事業の多角化や業態の変更、事業領域の拡大」、
「合併や吸収」、「略称や通称への変更」、「ブランド名への変更」、「イメージ刷新」、
「系列や傘下入り」等が挙げられる。
何れにせよ、企業は経営全般の革新、イメージの向上、社内の活性化など、
何らかのプラス効果を期待し、社名変更を行なうはずである。

相と実体は相関関係にあり、人物の名相にその後天運が暗示されている様に、
会社名(法人名、商号、屋号)の名相にも、その企業の栄枯盛衰の有り様が
暗示されている。
不思議なもので、成功する企業は自ずと吉祥名を選定する様になっている。



シャープ㈱

大正4年(1915年)、早川兄弟商会金属文具製作所を設立。

大正12年(1923年)、関東大震災で被災、全工場を焼失し、早川兄弟商会を解散。

大正13年(1924年)、「早川金属工業研究所」を設立。

昭和10年(1935年)、「株式会社早川金属工業研究所」を設立。

昭和17年(1942年)、「早川電機工業株式会社」に社名変更。

昭和23年(1948年)、「シャープ商事株式会社」を設立。

昭和31年(1956年)、営業部門を独立させ、「シャープ電機株式会社」を設立。

昭和33年(1958年)、「シャープ電機株式会社」が、蛍光灯器具販売の
「早川電業株式会社」を吸収合併。

昭和42年(1967年)、「シャープ電機株式会社」を、「早川電機工業株式会社」本体に吸収合併。

昭和45年(1970年)、「シャープ株式会社」に社名変更。


第82記事1
早川電機工業(株)の広告 昭和31年(1956年)



テーマ : 歴史雑学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2017/06/11 16:11 | 企業運命学COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

社名(商号)変更の歴史夜話㊿…富士通㈱

社名(商号)変更の歴史夜話㊿

…富士通㈱



我が国では1980年代、社名(商号)を変更する企業が急激に増加した。
「早稲田商学」357号(1993年7月)所収論文「社名変更に対する株式市場の反応」
の研究に依れば、「1981年4月から1992年3月までに,東証1部上場企業で
社名を変更した企業は175社に及ぶ」とのことである。

企業は様々な理由で、社名を変更する。
社名変更の主な理由としては、「事業の多角化や業態の変更、事業領域の拡大」、
「合併や吸収」、「略称や通称への変更」、「ブランド名への変更」、「イメージ刷新」、
「系列や傘下入り」等が挙げられる。
何れにせよ、企業は経営全般の革新、イメージの向上、社内の活性化など、
何らかのプラス効果を期待し、社名変更を行なうはずである。

相と実体は相関関係にあり、人物の名相にその後天運が暗示されている様に、
会社名(法人名、商号、屋号)の名相にも、その企業の栄枯盛衰の有り様が
暗示されている。
不思議なもので、成功する企業は自ずと吉祥名を選定する様になっている。



富士通㈱

昭和10年(1935年)、「富士電機製造株式会社」(現在の「富士電機㈱」)の
電話部所管業務を分離し、「富士通信機製造株式会社」を設立。

昭和42年(1967年)、「富士通株式会社」に社名変更。


この「富士通」の「富士」は霊峰富士に由来する命名ではなく、「古河電気工業」の
「ふるかわ」の「ふ」を「富」とし、ドイツの「シーメンス社」の「シ」を「士」として、
「富士」にしたということである。


第81記事1
富士通信機製造(株)の広告 昭和36年(1961年)



テーマ : 歴史雑学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2017/06/11 14:57 | 企業運命学COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

社名(商号)変更の歴史夜話㊾…プリマハム㈱

社名(商号)変更の歴史夜話㊾

…プリマハム㈱



我が国では1980年代、社名(商号)を変更する企業が急激に増加した。
「早稲田商学」357号(1993年7月)所収論文「社名変更に対する株式市場の反応」
の研究に依れば、「1981年4月から1992年3月までに,東証1部上場企業で
社名を変更した企業は175社に及ぶ」とのことである。

企業は様々な理由で、社名を変更する。
社名変更の主な理由としては、「事業の多角化や業態の変更、事業領域の拡大」、
「合併や吸収」、「略称や通称への変更」、「ブランド名への変更」、「イメージ刷新」、
「系列や傘下入り」等が挙げられる。
何れにせよ、企業は経営全般の革新、イメージの向上、社内の活性化など、
何らかのプラス効果を期待し、社名変更を行なうはずである。

相と実体は相関関係にあり、人物の名相にその後天運が暗示されている様に、
会社名(法人名、商号、屋号)の名相にも、その企業の栄枯盛衰の有り様が
暗示されている。
不思議なもので、成功する企業は自ずと吉祥名を選定する様になっている。



プリマハム㈱

昭和6年(1931年)、竹岸政則氏が「竹岸ハム商会」を設立。

昭和23年(1948年)、「竹岸畜産工業株式会社」を設立。

昭和40年(1965年)、「プリマハム株式会社」に社名変更。


第80記事1

「プリマハム」株式会社は、英語で「Prima Meat Packers, Ltd.」と表記する。
社名の「Prima」は、ラテン語の「prims(プリムス)」、英語で「prime(プライム)」、
独語では「prima(プリマ)」、「第一の、極上の」という意味。




テーマ : 歴史雑学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2017/06/11 14:43 | 企業運命学COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

社名(商号)変更の歴史夜話㊽…福助㈱

社名(商号)変更の歴史夜話㊽

…福助㈱



我が国では1980年代、社名(商号)を変更する企業が急激に増加した。
「早稲田商学」357号(1993年7月)所収論文「社名変更に対する株式市場の反応」
の研究に依れば、「1981年4月から1992年3月までに,東証1部上場企業で
社名を変更した企業は175社に及ぶ」とのことである。

企業は様々な理由で、社名を変更する。
社名変更の主な理由としては、「事業の多角化や業態の変更、事業領域の拡大」、
「合併や吸収」、「略称や通称への変更」、「ブランド名への変更」、「イメージ刷新」、
「系列や傘下入り」等が挙げられる。
何れにせよ、企業は経営全般の革新、イメージの向上、社内の活性化など、
何らかのプラス効果を期待し、社名変更を行なうはずである。

相と実体は相関関係にあり、人物の名相にその後天運が暗示されている様に、
会社名(法人名、商号、屋号)の名相にも、その企業の栄枯盛衰の有り様が
暗示されている。
不思議なもので、成功する企業は自ずと吉祥名を選定する様になっている。



福助㈱

明治15年(1882年)、辻本福松氏が足袋の製造・販売を行う足袋装束商
「丸福」を創業。
明治33年(1900年)、「福助」を商標登録。


第79記事1 第79記事2
※画像は、福助㈱様のHP内、「歴史紹介」依り、拝借。


辻本福松氏の子息、豊三郎氏が伊勢詣での折、伊勢神宮近くの古道具屋で、
裃(かみしも)を着し、手に扇子を広げ持って、正座している姿の人形を
買い求めたという。
辻本親子はその人形から、「仁・義・礼・智・信」の徳の表現を感じ取ったのか、
その坐像にヒントを得、頭を低く下げ、手を突いて、礼を尽くすポーズの
福助人形を考案し、商標に採用したとのこと。


大正8年(1919年)、「福助足袋株式会社」を設立。

昭和39年(1964年)、「福助株式会社」に社名変更。


第79記事3
※画像は、福助㈱様のHP内、「歴史紹介」依り、拝借。



テーマ : 歴史雑学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2017/06/11 14:36 | 企業運命学COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP